ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

環境考察

オースブレイカーについて考える

今日は昨日公式フォーマット化したオースブレイカーについて。 オースブレイカーは統率者戦と多くの共通点を持つ多人数戦の1つです。 プレイヤーは伝説のクリーチャーの代わりにPWをオースブレイカーとし、ゲーム中オースブレイカーを統率領域から唱える事が…

3月6日禁止改定について考える

今回の禁止改定ではレガシーで以上2つが禁止されました。 それぞれ順に理由を見ていきましょう。 端的に言ってしまえばレガシーにおけるトップデッキ2つである青赤デルバーと白単イニシアチブの弱体化が今回の改定の目的となります。 それぞれのデッキは使用…

スタンダードの赤単の歴史について考える(イニストラード:真夜中の狩り〜)

ゼンディカーの夜明け+カルドハイム+ストリクスヘイヴン: 魔法学院+フォーゴトン・レルム探訪+イニストラード: 真夜中の狩り+イニストラード: 真紅の契り+神河: 輝ける世界+ニューカペナの街角 2021年9月イニストラード: 真夜中の狩り追加。 エルドレインの…

スタンダードの赤単の歴史について考える(ゼンディカーの夜明け〜フォーゴトン・レルム探訪)

エルドレインの王+テーロス還魂記+イコリア:巨獣の棲処+基本セット2021+ゼンディカーの夜明け+カルドハイム+ストリクスヘイヴン:魔法学院+フォーゴトン・レルム探訪期 2020年9月ゼンディカーの夜明け発売。 ラヴニカのギルド、ラヴニカの献身、灯争大戦、…

スタンダードの赤単の歴史について考える(エルドレインの王権〜基本セット2021)

ラヴニカのギルド+ラヴニカの献身+灯争大戦+基本セット2020+エルドレインの王権+テーロス還魂記+イコリア:巨獣の住棲+基本セット2021 2019年10月エルドレインの王権追加により、イクサラン、イクサランの相克、ドミナリア、基本セット2019落ち。 トップメタ…

スタンダードの赤単の歴史について考える(ラヴニカのギルド〜基本セット2020)

イクサラン・ブロック+ドミナリア+基本セット2019+ラヴニカのギルド+ラヴニカの献身+灯争大戦+基本セット2020 2018年10月ラヴニカのギルド追加により、カラデシュ・ブロック、アモンケット・ブロック落ち。 発売直後のグランプリリール18では赤単が優勝。 ラ…

スタンダードの赤単の歴史について考える(アモンケット〜基本セット2019)

戦乱のゼンディカー・ブロック+イニストラードを覆う影・ブロック+カラデシュ・ブロック+アモンケット・ブロック 2017年4月アモンケット発売。 トップメタは優秀な機体と操縦者を操るマルドゥ機体と、 理不尽な上振れを持つティムール霊気池でした。 特に後…

スタンダードの赤単の歴史について考える(戦乱のゼンディカー〜霊気紛争)

タルキール覇王譚ブロック+マジック・オリジン+戦乱のゼンディカー・ブロック 2015年10月戦乱のゼンディカー販売。 テーロス・ブロック、基本セット2015落ち。 稲妻の一撃やかき立てる炎などの優秀な火力が落ちたものの、僧院の速槍等の軽量クリーチャーと…

スタンダードの赤単の歴史について考える(基本セット2014+基本セット2015+ラヴニカへの回帰・ブロック+テーロス・ブロック〜基本セット2015+テーロス・ブロック+タルキール覇王譚・ブロック+マジック・オリジン)

基本セット2014+基本セット2015+ラヴニカへの回帰・ブロック+テーロス・ブロック 2013年9月テーロス発売により、基本セット2013、イニストラード・ブロックが落ちます。 この頃のトップメタは信心となります。 赤単も例に漏れず信心型に。 モーギスの狂信者…

スタンダードの赤単の歴史について考える(基本セット2012+基本セット2013+ミラディンの傷跡・ブロック+イニストラード・ブロック〜基本セット2013+基本セット2014+イニストラード・ブロック+ラヴニカへの回帰・ブロック)

基本セット2012+基本セット2013+ミラディンの傷跡・ブロック+イニストラード・ブロック 2011年10月イニストラード発売により、基本セット2011、ゼンディカー・ブロック落ち。 これにより稲妻やゴブリンの先達が落ちてしまった赤単でしたが、流血の貴種や嵐血…

スタンダードの赤単の歴史について考える(基本セット2011+ゼンディカー・ブロック+ミラディンの傷跡・ブロック)

基本セット2011+基本セット2012+ゼンディカー・ブロック+ミラディンの傷跡・ブロック 2010年10月ミラディンの傷跡発売により、アラーラ・ブロック、基本セット2010落ち。 トップメタに君臨するは赤緑ヴァラクート。 しかし世界選手権10では決勝卓に進めず、…

スタンダードの赤単の歴史について考える(アラーラの断片・ブロック〜ゼンディカー・ブロック)

第10版+ローウィン=シャドウムーア・ブロック+アラーラの断片・ブロック 2008年10月アラーラの断片発売により、時のらせん・ブロック、及びコールドスナップが遂にローテーション落ちします。 トップメタは尚も青黒フェアリー。 対抗勢力として黒緑エルフも…

スタンダードの赤単の歴史について振り返る(時のらせん・ブロック~ローウィン= シャドウムーア・ブロック)

第9版+ラヴニカ・ブロック+コールドスナップ+時のらせん・ブロック 2006年10月時のらせん追加により、神河ブロックが落ちますが、環境は依然ラヴニカの多色デッキが主流。 ボロス・ウィニーやグルール・ビートが活躍しますが、赤単色のアグロ・デッキは鳴り…

スタンダードの赤単の歴史について考える(神河ブロック~コールドスナップ)

第8版+ミラディン・ブロック+神河ブロック 2004年10月神河物語が発売され、オンスロート・ブロックが落ちてもトップメタは圧倒的爆発力を誇る親和でした。 The Finalsではそれをメタった緑系コントロール創造の標が優勝。 赤単は活躍できないまま次のパック…

スタンダードの赤単の歴史について考える(第8版+オンスロート・ブロック+ミラディン・ブロック)

第8版+オンスロート・ブロック+ミラディン・ブロック 2003年10月ミラディン発売により、オデッセイ・ブロックが落ちますが、相変わらずゴブリンが活躍。 ゴブリンには2つのデッキタイプがあり、1つ目は総帥の召集の為に黒をタッチしたゴブリン召集。 もう1つ…

スタンダードの赤単の歴史について考える(インベイジョン・ブロック~オンスロート・ブロック)

第6版+マスクス・ブロック+インベイジョン・ブロック 2000年11月インベイジョンが追加された事で、ウルザ・ブロックが落ちるとバーニング・ブリッジが登場しました。 これはストロングホールドで登場した罠の橋をキーカードとしたバーンデッキで、バーンの手…

スタンダードの赤単の歴史について考える(テンペスト・ブロック~マスクス・ブロック)

第5版+ミラージュ・ブロック+テンペスト・ブロック 1997年11月に発売されたテンペストでは、継続的な無色の火力呪われた巻物が登場します。 それだけでなく今尚レガシーで活躍する不毛の大地、 優秀なウィニークリーチャーであるジャッカルの仔や歩く火力で…

スタンダードの赤単の歴史について考える(~ウェザーライト)

皆さん赤は好きですか? 速攻と本体火力を色の特徴に持つ赤は、他の色以上に狂信者が多く、いかなる環境においても赤単を握るプレイヤーは存在しました。 今日はそんな赤単の歴史をスタンダードでのローテーション落ち毎に少し振り返っていきましょう。 リバ…

エクスプローラー注目デッキリスト

来週金曜日のニューカペナの街角実装と同時に、エクスプローラーという新フォーマットが実装されます。 これはパイオニアで使用できるカードの中でMTGアリーナに実装されているカードだけ使用できるフォーマット。 最終的にはパイオニアと合流するそうです。…

十種競技第8種目:ターボ・ドラフトについて考える

今日はストリクスヘイヴン:魔法学院のターボ・ドラフトについて。 ターボ・ドラフトとはすべての呪文が(5)安くなるという特殊ルール下で行うドラフト。 大抵は色マナシンボルだけがコストとなります。 例えば優秀な学徒と柱落としの救助者は両方白1マナで唱…

十種競技第4種目:新規プレイヤーデッキについて考える

新規プレイヤーデッキマジで勝ててないので考察。 今回は勝率5割切ってるので当てにしない方がいいかも。 環境としてはレアゲーな感じがします。 その上で構築とは思えないほど土地事故するので、まずそこを突破しないと勝負になりません。 体感1割は土地事…

督励について考える

アモンケットリマスター・プレミアドラフトが昨日再びMTGアリーナに帰ってきました。 また今回はジャンプスタート:ヒストリックホライゾンが遅延した事によりお詫びとして1回無料で遊べる様になっています。 そこで今日はアモンケットリマスターのリミテッド…

ナヤウィノータについて考える(D&Dフォーゴトン・レルム探訪)

デッキ 4 無私の救助犬 (M21) 36 4 ヤスペラの歩哨 (KHM) 178 3 厚顔の無法者、マグダ (KHM) 142 2 水蓮のコブラ (ZNR) 193 4 裕福な亭主 (AFR) 200 4 精鋭呪文縛り (STX) 17 2 敬愛されるレンジャー、ミンスク (AFR) 227 4 軍団のまとめ役、ウィノータ (IKO…

カルドハイムがパウパーに与えた影響について考える

明日のFNMがパウパーなので、今日はカルドハイムがパウパーに与えた影響について。 多くの方が予想した通りカルドハイムのカードパワーは非常に高いものでした。 特にコモンカードの強さは特筆すべきもので、それらが主力となるパウパーでは早速いくつかのカ…

白とドローについて考える

今日は白とドローについて。 黎明期における白に割り当てられた役割は、(それがWotCが意図的に割り当てたかどうかに関わらず)、あらゆるパーマネントに対する対処法だった。 白が(単体で)破壊できないパーマネントは土地に限定され、あらゆるパーマネントに…

予顕について考える

今日は予顕について。 主にリミテッド環境についての話です。 リミテッド環境とはつまり、ドラフトとシールドのことですね。 個人的な意見であり、そこまで強いかと言われると微妙なところですが、様々なプロの意見を見ているので、そこそこあっていると思い…

『ラヴニカのギルド』ドラフトについて考える

プレミア・ドラフト『ラヴニカのギルド』一発で7勝できたのでその記念に、このドラフトのピックのコツを書いていきたいと思います。 まあかつてプロ達が言っていた内容の伝聞が主なので大体あってる筈です。 まずラヴニカのギルドには5つのギルドがあります…

カラデシュリマスタードラフト点数表

白 10 発明の天使 激変の機械巨人 9.9 燻蒸 霊気嵐のロック 9.8 小物造りの達人 8.5 スラムの巧技 5.7 空中対応員 5.4 上級建設官、スラム 4.3 空鯨捕りの一撃 4.2 模範的な造り手 4 博覧会場の警備員 3.4 領事府による拘禁 3.3 急降下飛空士 飛行機械による…

カラデシュリマスター注目カードランキング

カラデシュリマスターの実装がいよいよ今週金曜日に迫ってきました! 今日は個人的に注目しているカードをランキング形式で発表したいと思います! 第10位:霊気池の驚異 スタンダードで禁止になった霊気池の脅威が第10位です! 植木師の組細工や絶え間ない…

冒険祭:瀬戸際でについて考える

「冒険祭」では、皆さんにゼンディカー次元をご案内します! ですがその前に、出発の時が近づく今こそ、これまでの訓練の仕上がりを見るサバイバルテストを行います! 探検に出かければ、いつでも必要なものが揃っているとは限りません。 もし荷物が空になり…

プライバシーポリシー