ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

環境考察

エクスプローラー注目デッキリスト

来週金曜日のニューカペナの街角実装と同時に、エクスプローラーという新フォーマットが実装されます。 これはパイオニアで使用できるカードの中でMTGアリーナに実装されているカードだけ使用できるフォーマット。 最終的にはパイオニアと合流するそうです。…

十種競技第8種目:ターボ・ドラフトについて考える

今日はストリクスヘイヴン:魔法学院のターボ・ドラフトについて。 ターボ・ドラフトとはすべての呪文が(5)安くなるという特殊ルール下で行うドラフト。 大抵は色マナシンボルだけがコストとなります。 例えば優秀な学徒と柱落としの救助者は両方白1マナで唱…

十種競技第4種目:新規プレイヤーデッキについて考える

新規プレイヤーデッキマジで勝ててないので考察。 今回は勝率5割切ってるので当てにしない方がいいかも。 環境としてはレアゲーな感じがします。 その上で構築とは思えないほど土地事故するので、まずそこを突破しないと勝負になりません。 体感1割は土地事…

督励について考える

アモンケットリマスター・プレミアドラフトが昨日再びMTGアリーナに帰ってきました。 また今回はジャンプスタート:ヒストリックホライゾンが遅延した事によりお詫びとして1回無料で遊べる様になっています。 そこで今日はアモンケットリマスターのリミテッド…

ナヤウィノータについて考える(D&Dフォーゴトン・レルム探訪)

デッキ 4 無私の救助犬 (M21) 36 4 ヤスペラの歩哨 (KHM) 178 3 厚顔の無法者、マグダ (KHM) 142 2 水蓮のコブラ (ZNR) 193 4 裕福な亭主 (AFR) 200 4 精鋭呪文縛り (STX) 17 2 敬愛されるレンジャー、ミンスク (AFR) 227 4 軍団のまとめ役、ウィノータ (IKO…

カルドハイムがパウパーに与えた影響について考える

明日のFNMがパウパーなので、今日はカルドハイムがパウパーに与えた影響について。 多くの方が予想した通りカルドハイムのカードパワーは非常に高いものでした。 特にコモンカードの強さは特筆すべきもので、それらが主力となるパウパーでは早速いくつかのカ…

白とドローについて考える

今日は白とドローについて。 黎明期における白に割り当てられた役割は、(それがWotCが意図的に割り当てたかどうかに関わらず)、あらゆるパーマネントに対する対処法だった。 白が(単体で)破壊できないパーマネントは土地に限定され、あらゆるパーマネントに…

予顕について考える

今日は予顕について。 主にリミテッド環境についての話です。 リミテッド環境とはつまり、ドラフトとシールドのことですね。 個人的な意見であり、そこまで強いかと言われると微妙なところですが、様々なプロの意見を見ているので、そこそこあっていると思い…

『ラヴニカのギルド』ドラフトについて考える

プレミア・ドラフト『ラヴニカのギルド』一発で7勝できたのでその記念に、このドラフトのピックのコツを書いていきたいと思います。 まあかつてプロ達が言っていた内容の伝聞が主なので大体あってる筈です。 まずラヴニカのギルドには5つのギルドがあります…

カラデシュリマスタードラフト点数表

白 10 発明の天使 激変の機械巨人 9.9 燻蒸 霊気嵐のロック 9.8 小物造りの達人 8.5 スラムの巧技 5.7 空中対応員 5.4 上級建設官、スラム 4.3 空鯨捕りの一撃 4.2 模範的な造り手 4 博覧会場の警備員 3.4 領事府による拘禁 3.3 急降下飛空士 飛行機械による…

カラデシュリマスター注目カードランキング

カラデシュリマスターの実装がいよいよ今週金曜日に迫ってきました! 今日は個人的に注目しているカードをランキング形式で発表したいと思います! 第10位:霊気池の驚異 スタンダードで禁止になった霊気池の脅威が第10位です! 植木師の組細工や絶え間ない…

冒険祭:瀬戸際でについて考える

「冒険祭」では、皆さんにゼンディカー次元をご案内します! ですがその前に、出発の時が近づく今こそ、これまでの訓練の仕上がりを見るサバイバルテストを行います! 探検に出かければ、いつでも必要なものが揃っているとは限りません。 もし荷物が空になり…

冒険祭:偉大なる知について考える

「冒険祭」の中で本当にさまざまなものを見てきましたね。皆さん、道中ぼーっとしていませんでしたよね?これまで得た情報が今こそ試されます。全部頭に入っていますか?クイズの時間です!それでは素早くお答えください――オンドゥの遺跡を冒険する際に最も…

モミールについて考える

今日はモミールなので。 モミールはライフ20点と基本土地各種12枚計60枚デッキ、そして「(X),カードを1枚捨てる:点数で見たマナ・コストがXである、無作為に選ばれたクリーチャー・カード1枚のコピーであるトークンを1体戦場に出す。この能力は、あな…

10/12禁止改定後の環境について考える

一昨日の禁止改定はかなり影響の大きいものでした。 創造の座、オムナスと幸運のクローバーの禁止は、そのままデッキタイプの消滅を意味しています。(あと僻境への脱出) それはつまり今後出てくるデッキは、全く違うということを意味しています。 グランドフ…

アドベンチャーについて考える

今日はこの辺について。 最近オムナスアドベンチャーがTier1の座を確実なものにしつつある。 アレの強みは色々な要因があると思われるが、とりあえずその前身となるティムールクローバーの強みについて考えたいと思う。 ①幸運のクローバーが強すぎる まずは…

ウーロ禁止の影響について考える

まずは4色オムナスについて。 デッキ内の強力なカードであり、上陸を誘発させられる非常に強力なカードでしたが、いまだ上陸による爆発的なマナ加速から莫大なアドバンテージを得る手段は健在で、デッキとしてはまだまだ戦えると思います。 相対的な影響を受…

9/28禁止改定

スタンダード 禁止 自然の怒りのタイタン、ウーロのみの禁止でした。 4色オムナスはランプ手段をまだまだ持っている為これからも暴れられると思います。 有力な脱出が姿を消したことでならず者デッキが相対的に強くなりました。 環境初陣戦でも結果を残して…

ライフを得る効果について考える

誤った敗因推定というものがある。 初心者の多くが陥りがちな罠というのがライフがなくなったことを敗因と見るものである。 ライフを回復すると敗北から確かに遠ざかることができる。 それ自体は間違っていない。 しかし、回復呪文を使ったことで1ターン死ぬ…

9/28の禁止改定について考える

来週初めにスタンダードの禁止改定が行われるらしいので、その予想をします。 まず現状のトップについて。 言うまでもなくこれは4色オムナスです。 水蓮のコブラや創造の座、オムナスから繰り出される圧倒的な展開力は他のデッキの追随を許してはいません。 …

ヒストリック環境について考える

rodasha.hatenablog.com 大方の予想通り死者の原野が死亡。 ということで次のデッキを考える。 ①赤単/ゴブリン 筆頭。損魂魔導士という切り込み隊長とラムナプの遺跡という最終兵器を手に入れた彼らは、トップメタであった原野デッキに対し、高い勝率を持っ…

死者の原野の変遷について考える

今日はこちら。 基本セット2020で登場した特殊土地。 タップイン、出るのは無色マナとマナソースとしては劣悪そのものだが、土地を7種類以上コントロールしていれば、2/2ゾンビを1体出すという誘発効果を持っています。 プレビュー公開時は7種類の土地という…

8/3禁止改定後の環境を考える

昨日の禁止改定がこちら。rodasha.hatenablog.com 最初に言っておくと、パイオニアとブロールは割愛します。 パイオニアはやってないので。 ブロールも同じ理由でもありますが、同時に構築を考えるのが楽しい環境だと思います。 ついでに言うと1枚変わった程…

8/3禁止改定

スタンダード 禁止 荒野の再生は暴れすぎましたね。 3色再生と4色再生でメタゲーム回してたのおかしい。 成長のらせんも採用率が高すぎました。 ただそれはこのカードに関してはしょうがない気が。 時を解す者、テフェリーは完走だと思っていましたが、再生…

7/13禁止改定

予測はこちら。 rodasha.hatenablog.com さて結果は ヒストリック 禁止 一時停止 運命のきずなまで持っていかれるのは予想外でしたが、まあ妥当。 使われててすごいいやだったし(※個人の感想です)。 炎樹族の死者の一時停止は笑うしかありません。 お前ヒス…

7月13日の禁止改定について考える

WotCは7月13日に禁止改定を行うことを発表しました。 フォーマットはヒストリック、パイオニア、モダン、パウパーです。 ・ヒストリック 一時停止の禁止/解禁だと思います。 多分全BAN。 創案の火がワンチャン解禁ですが、遅かれ早かれまた一時停止→禁止にな…

ティムール再生について考える(M21)

デッキ 4 荒野の再生 (RNA) 149 1 山 (THB) 253 3 夜群れの伏兵 (M20) 185 1 ムウォンヴーリーの世捨て人、ジョルレイル (M21) 191 1 否認 (RIX) 44 2 森 (THB) 254 3 神秘の論争 (ELD) 58 3 厚かましい借り手 (ELD) 39 1 薬術師の眼識 (GRN) 32 4 成長のら…

6/1の禁止改定

まずは相棒のルール変更について。 ゲーム中1度、ソーサリータイミングで3マナを支払うと、サイドボードから手札に加えられるという能力になりました。 これはアグロで使われていたルールスやオボシュにとっては痛い変更です。 3マナ払って1ドローという行為…

6/1の禁止改定について考える

MTG公式によれば相棒のメカニズム変更を加えた禁止・制限リストの変更が来るそうです。 rodasha.hatenablog.com 相棒のメカニズムをどのように変更すればいいかの自分の意見は以前述べたので、 禁止・制限カードの話だけします。 今回変更が加えられるの…

相棒はどうすればいい?

昨日ヴィンテージにおいて夢の巣のルールスが禁止、 レガシーにおいて夢の巣のルールス及び黎明起こし、ザーダが禁止された。 さて、この時その他のフォーマットについても言及されていた。 もし相棒デッキのメタゲーム内のシェアが大きいことによる長期的な…

プライバシーポリシー