ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

カード考察

厳かなモノリスについて考える

今日はこちら。 厳かとは気持ちが引き締まるほど重々しいさま。 ちなみに再録禁止。価格は2万円ほど。気持ちが引き締まる。 ウルザズ・レガシーで登場した2マナのマナファクト。 アンタップ・フェイズにアンタップしない代わりにタップで無色3マナ出て、4マ…

歴戦の紅蓮術士について考える

今日はこちら。 モダンホライゾンで登場した3マナ2/2の人間・シャーマン。 戦場に出た時、手札2枚を捨て、2枚引き、捨てた土地でないカード1枚につき、赤の1/1のエレメンタル・クリーチャー・トークン1体を生成する着地誘発、及び5マナ払って墓地から追放す…

白日の下にについて考える

今日はこちら。 戦乱のゼンディカーで登場した緑青5マナのソーサリー。 ライブラリーからマナ総量が収斂以下のクリーチャーかインスタントかソーサリー1枚を探し、マナ・コストを支払うことなく唱える事ができます。 収斂とは戦乱のゼンディカーで登場したメ…

弧光のフェニックスについて考える

今日はこちら。 ラヴニカのギルドで登場した4マナ3/2飛行、速攻のフェニックス。 戦闘開始時にそのターンにインスタントかソーサリーを3回以上唱えていれば墓地から戦場に戻す効果を持っています。 4マナパワー3飛行、速攻と素のスタッツだけでマナ相応の強…

空殴りについて考える

今日はこちら。 ドラゴンの迷路で登場した2マナ2/2瞬速、到達、プロテクション(青)の打ち消されない昆虫。 いずれも青に対して強力な効果であり、強力な色対策カードとなっています。 同ブロックでは青を含む各種魔除けが効きません。 また前ブロックに存在…

トレイリアのアカデミーについて考える

今日はこちら。 ウルザズ・サーガの伝説の土地サイクルの青。 ただしパーマネント数を参照してマナを出す前者3枚のみを指してサイクルと呼ばれる事も多いです。というか赤だけ弱すぎでは? デュアルランドを抑え世界最強を謳われる超強力な特殊地形。 他2種…

ロフガフフの息子、ログラクフについて考える

今日はこちら。 ログラクフは偉大なるドラゴンのプローシュを崇拝するカー砦のコボルト達の指導者です。 彼らの最も重要な教えは神にふさわしい行いをせよ、という物であり、彼らは教えに従い、主に略奪や破壊行為を繰り返しています。 その教えを守り生きる…

Wheel of Fortuneについて考える

今日はこちら。 アンリミテッドで登場した赤単色の3マナソーサリー。 すべてのプレイヤーに手札を捨てさせ、その後7枚引かせます。 赤の持つ色の役割に反した強力なドロー呪文です。 自分の手札が少なく相手の手札が多い時に撃てばその分アドバンテージを得…

霊気の薬瓶について考える

今日はこちら。 ダークスティールで登場した1マナアーティファクト。 アップキープ開始時に蓄積カウンター1個を乗せられる効果と、タップで手札からマナ総量が上に乗っている蓄積カウンターの個数に等しいクリーチャー・カード1枚を戦場に出せる効果を持って…

調和の中心について考える

今日はこちら。 レジェンドで登場した緑1マナのワールド・エンチャント。 すべてのクリーチャーに速攻を与えます。 ワールドとはレジェンドで登場したパーマネントの特殊タイプです。 ワールド・パーマネントはコントローラーを問わず、戦場に最大1つしか存…

征服者のフレイルについて考える

今日はこちら。 統率者2016で登場した2マナ装備(2)の装備品。 自分のパーマネントが持つ色1つにつき+1/+1の修正とを与え、クリーチャーにつけられている間自分のターンに対戦相手が呪文を唱えられなくなる効果を持ちます。 護民官のサーベルと異なり装備して…

魂の洞窟について考える

今日はこちら。 アヴァシンの帰還で登場した特殊地形。 戦場に出るに際しクリーチャー・タイプを1つ選び、タップすると無色マナか、そのタイプのクリーチャー・呪文を唱える為にしか払えない代わりにその呪文が打ち消されなくなる好きな色1色のマナを加えま…

魔力の櫃について考える

今日はこちら。 アンリミテッドで登場した強力なマナファクト。 1マナで戦場に出てタップすると無色3マナが加えられるものの、再度使用する為にはアップキープに4マナ払う必要があり、ドローフェイズ開始時にタップ状態なら1点ダメージを受けます。 4マナは…

グリーン・スライムについて考える

今日はこちら。 統率者レジェンズ: バルダーズ・ゲートの戦いの統率者デッキに収録された3マナ瞬速ウーズ。 戦場に出た時発生源がアーティファクトやエンチャントであり起動型や誘発型である能力を打ち消し、それによってパーマネントの能力が打ち消されたら…

伝国の玉璽について考える

今日はこちら。 玉璽は当時の君主の証であり、単なる判子以上の意味を持っていました。 日本で言うと三種の神器みたいな感じですね。 日本でも卑弥呼が金印もらってましたが、アレは日本の国王として認めらますよというすごい証だったわけです。 ただ中国の…

裏切り者の都について考える

今日はこちら。 ラースの要塞の下に存在する裏切り者の都には三大氏族ダル、コー、ヴェクの内で同族を裏切りエヴィンカー側に付いた追われ者達が暮らしています。 ラースがドミナリアに転移した際にも適合できなかった事で、現在でもシャドー世界に閉じ込め…

魔力の墓所について考える

今日はこちら。 1995年発売のとある小説のプロモーション・カードで登場した0マナ・アーティファクト。 アップキープの開始時にコイン投げを行い負けた場合3点のダメージを受ける能力と、タップで無色2マナを加える能力を持っています。 デメリットこそある…

睡蓮の原野について考える

今日はこちら。 基本セット2020で登場した特殊地形。 呪禁とタップ状態で戦場に出る能力、戦場に出た時、土地2つを生け贄に捧げる能力と、タップで好きな色1色のマナ3点を加える能力を持っています。 水蓮の谷間のリメイクであり、最大の違いは呪禁を持って…

森の占術について考える

今日はこちら。 ミラディンで登場した緑の2マナのソーサリー。 ライブラリーから土地・カード1枚を探し手札に加える事ができます。 カード名通り森も探せるものの唱えるのに緑マナが要求されているという事もあり、その使い方はまずしません。 また占術が初…

運命の占者について考える

今日はこちら。 アルケミー:ニューカペナの街角で追加された白青黒の3マナ2/3セファリッド・ウィザード。 戦場に出た時に諜報する能力と、毎ターン1回手札を1枚以上捨てるたび、その中の1枚と共通のカード・タイプを持つカード1枚を抽出する効果を持ちます。…

戦慄掘りについて考える

今日はこちら。 ラヴニカへの回帰で登場した黒赤2マナのソーサリー。 クリーチャー1体かPW1体を破壊できます。 終始と比べると再生を許しソーサリーになった代わりにPWも破壊できるようになりました。 破壊するクリーチャーに制限がなく、PWまで破壊できるの…

ディスプレイサーの仔猫について考える

今日はこちら。 ディスプレイサー・ビーストと呼ばれるこのクリーチャーは、6本の脚と2本の触手を持ち、痩せこけたヒョウに似た外見をしています。 所くらましの魔獣とも呼ばれるこの生物は、実際にいる場所から3フィート(約90cm)程離れた位置にいるように錯…

オグマの文書管理人について考える

今日はこちら。 統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦いで登場する2マナ2/2瞬速のハーフリング・クレリック。 対戦相手1人が自分のライブラリーから探すたび、1点のライフを得、カード1枚を引きます。 2マナ2/2瞬速という良好なスタッツにより攻守両方で…

2022/6/8禁止改定について考える

今日は本日付けで実施された禁止改定について。 軍団のまとめ役、ウィノータと表現の反復が禁止されました。 まずは軍団のまとめ役、ウィノータから。 これはカード名を冠するナヤ・ウィノータで使われていたカードで、最速で3ターン目にゲームを終わらせる…

税血の収穫者について考える

今日はこちら。 イニストラード:真紅の契りで登場した2マナ3/2の黒赤の吸血鬼。 戦場に出た時に血・トークン1つを生成する誘発型能力と、ソーサリー・タイミングでタップして生け贄に捧げる事で対象のクリーチャー1体をターン終了時まで自分がコントロールし…

強請る大入道について考える

今日はこちら。 ニューカペナの街角で登場した3マナ6/4威迫のオーガ・戦士。 当然デメリット無しで運用できる訳もなく、攻撃するたび、防御プレイヤーはそれを戦闘から取り除く事ができます。 ただその場合コントローラーであるあなたはカードが1枚引けます…

ゲトの裏切り者、カリタスについて考える

今日はこちら。 ゲトの血の長、カリタスはゼンディカーの吸血鬼の始祖の1人です。 エルドラージが復活すると彼とその一族はそれに服従する道を選び、全吸血鬼をエルドラージの支配下に置こうとしました。 しかしカラストリアの血の長、ドラーナがこれに交戦…

宝石の鳥について考える

今日はこちら。 アラビアンナイトで登場した1マナのアーティファクト。 アンティを賭けてゲームをプレイしない場合、プレイを開始する前にデッキから取り除かれる能力、及び自身をアンティにする事でアンティ領域にあり自分がオーナーである他のカードを墓地…

波止場の恐喝者について考える

今日はこちら。 統率者2019で登場した2マナ1/2のゴブリン・ 海賊。 戦場に出た時、対戦相手がコントロールしているエンチャントとアーティファクトの総数に等しい数の宝物・トークンを生成します。 宝物を1個でも生成できればずる賢いゴブリンに色拘束及びス…

約束された終末、エムラクールについて考える

今日はこちら。 異界月で登場した13マナ13/13飛行、トランプル、プロテクション(インスタント)の伝説のエルドラージ。 墓地にあるカードに含まれるカード・タイプ1つにつき(1)軽くなる常在型能力、 唱えた時対象の対戦相手1人に追加ターンを与える代わりに、…

プライバシーポリシー