ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

モダンホライゾン2

フォーゴトン・レルム探訪のヒントについて考える②

今日は残り。 ・エンチャントされているパーマネントは宝物アーティファクトである エンチャントしたアーティファクトを無力化する代わりに宝物として使えるようになるエンチャントだと思います。 面白いアイディアでは? ・護法―カードを1枚捨てる いつかは…

騒鳴の嵐について考える

今日はこちら。 2マナで緑の1/1のリス・クリーチャー・トークンを出せるソーサリー。 さらにストームが付いている為、その前に唱えた呪文1枚につき1体増えます。 ドラゴンの餌を考えればストーム2で既に強力。 使い方次第では大量のリスで戦場を埋め尽くす事…

ゴブリンの先達について考える

今日はこちら。 ゼンディカーで登場した1/2/2速攻のハイパーゴブリン。 代わりに攻撃する度に殴った相手のデッキトップをめくり、土地なら手札に加えさせる能力を持ちます。 戦場に出たターンからショックと同等のダメージが出せ、次のターンには稲妻を超え…

飢餓の潮流、グリストについて考える

今日はこちら。 3マナの黒緑の新プレインズウォーカー。 どの様なプレインズウォーカーなのかは不明。 イラストは虫の集合体の様ですが…なお嫌いな人は多分とことん嫌いなキャラクターだと思われます。(集合体恐怖症) 最も特徴的なのは永続型能力。 戦場以外…

滞留者の相棒について考える

今日はこちら。 7/4/4の親和(アーティファクト)とアーティファクト・土地サイクリングを持つフレンチバニラのアーティファクト・クリーチャーであるサラマンダー。 フレンチバニラなのでコモン。そこまで複雑でもないですしね。 7/4/4と聞くと非常に弱そうで…

激情について考える

今日はこちら。まとまりがない為かとてもクリーチャーには見えません。真ん中開けちゃダメな気が。 5/3/3二段攻撃のエレメンタル・インカーネーション。 戦場に出た時にクリーチャーとプレインズウォーカーに好きな様に4点ダメージを割り振る能力と、手札の…

思考の監視者について考える

今日のカードはこちら。 7/2/2飛行の着地時2ドローができる親和(アーティファクト)持ちのアーティファクト・クリーチャー。 構築物。 構築物というクリーチャー・タイプは、初期のクリーチャー・タイプを持たなかった大半のアーティファクト・クリーチャーに…

名誉回復について考える

今日はこちら。 アポカリプスで登場した白黒3マナの万能パーマネント除去。 色の役割として青以外の各色にはそれぞれ対応できないパーマネントが一つずつあります。 これが2色だとそれぞれの弱点を補い合う事ができ、特に色の性質上最も除去が得意とされてい…

ダウスィーの虚空歩きについて考える

今日はこちら。 2/3/2のダウスィー・ならず者。 ダウスィーは、ファイレクシアがドミナリア侵略の為に作成した人工次元ラースとドミナリアの間に存在する影の世界に取り残された種族です。 不安定なポータルによって影の世界に引きずり込まれた彼らは、ラー…

エスパーの歩哨について考える

今日はこちら。 1/1/1のアーティファクト・クリーチャーである人間・兵士。 毎ターン対戦相手がそのターン中初めてクリーチャーでない呪文を唱える度に、自身のパワーに等しい数のマナを支払わない限りドローできます。 大抵は1マナ要求となりますが、かなり…

ミジックスの熟達について考える

今日はこちら。 統率者2015で登場した自分の墓地のインスタントかソーサリー1枚を対象とし、それをマナ・コストを払う事なく唱えられるカード。 さらに超過コストで唱えると自分の墓地の全てのカードを唱えられます。 他の踏み倒し呪文同様重い呪文ほど強力…

アカデミーの整備士について考える

今日はこちら。 3/1/3の組立作業員。 普通に無色にもいたんですね。気づかなかった。 部族シナジーの乏しい組立作業員ですが、モダンホライゾン2にはなんとウルザの工廠がアンコモンで収録されており、インスタント・タイミングで+1/+1できる為、リミテッド…

孤独について考える

今日はこちら。 ピッチスペルサイクルの白。 5/3/2瞬速絆魂のエレメンタル・インカーネーション。 白のエレメンタルシナジーはやや使いづらいか。 戦闘能力はかなり低めで、絆魂を活かしてライフレースを仕掛けるにはやや物足りない印象。 瞬速+能力でブロッ…

忍耐について考える

今日はこちら。 ピッチスペルサイクルの緑。 334の瞬速到達エレメンタル・インカーネーション。 悲嘆と比べるとエレメンタル・シナジーを使いやすい緑である為、部族デッキにも採用可能。 瞬速を持つ為誘発要員としてもかなり使いやすいと思います。 戦場に…

ドラゴンの怒りの媒介者について考える

今日はこちら。 1/1/1の人間・シャーマン。 クリーチャーでない呪文を唱える度諜報1を行う効果と、昂揚4種類達成で各戦闘で攻撃しなければならなくなる代わりに+2/+2飛行を得ます。 人間・シャーマンという種族は優秀ですが、カードの性質上部族デッキよりも…

モダンホライゾン2のヒント(答え合わせ)

・強力で禁止された呪文で知られる伝説のキャラクターの伝説のクリーチャー化 黒単色の手札破壊を持つ神話トーラック。完全に予想通り。 モダン以下構築で使われるかは微妙なところですが、統率社では活躍してくれそうです。 ・モダンホライゾンで少しだけ使…

濁浪の執政について考える

今日はこちら。 (5)(U)(U)飛行探査の3/3ドラゴン。 探査に用いたインスタントやソーサリーの数だけ+1/+1カウンターが置かれた状態で戦場に出て、インスタントやソーサリーが墓地を離れるたび、追加で+1/+1カウンターが置かれます。 ドラゴンの種族サポートは…

橋の大魔術師について考える

今日はこちら。 黒のトリプルシンボルの4/4人間・ウィザード。 色拘束はきついものの優秀なマナレシオと種族を持つクリーチャー。 誘発型能力は2つ。 1つ目は戦場から自分の墓地にトークンでないクリーチャーが置かれる度に2/2のゾンビを生成する能力。 後続…

血編み髪の匪賊について考える

今日はこちら。 元ネタは恐らく血編み髪のエルフ。 あの精神を刻む者、ジェイスとやり合ったアラーラ再誕期の凶悪カードです。 カード名と狂戦士、そしてこちらは条件付きですが、続唱が一致しています。 2/3/1の人間・狂戦士。 ブロックできない代わりに昂…

断片無き工作員について考える

今日はこちら。 モダンホライゾン2に収録されモダンに参入する事になりました3/2/2続唱のアーティファクト・クリーチャー。 フレンチバニラではあるものの様々な要素が評価を上げるポイントとなっているかなり優秀な1枚です。 続唱はアラーラ再誕で登場した…

敏捷なこそ泥、ラガパンについて考える

今日はこちら。 航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴの相棒ラガパンがまさかのカード化。 悪名高い空賊である彼女よりも空賊感の強い1枚となっています。 多分マローの言ってた動物のカードだと思います。 1/2/1の伝説クリーチャー。 能力無しでも充分強力な1…

カルドラの完成体について考える

今日はこちら。 カルドラはミラディンブロックで登場したクリーチャーで、カルドラの兜から生成されるアバター・トークンです。 カルドラの名前を冠した装備品はミラディン・ブロックで1枚ずつ登場し、それらを全て揃える事で、非常に強力なクリーチャーを召…

下賤の救主について考える

今日はこちら。 英語名Ignoble Hierarch。 元となった貴族の救主の英語名Noble Hierarchとは、否定を意味する接頭語Ig-がついており、対照的な名前となっています。 (日本でもノーベル賞に対するイグノーベル賞が有名ですね。 やたら日本人が受賞する事で有…

アスモラノマルディカダイスティナカルダカールについて考える

今日はこちら。 アスモラノマルディカダイスティナカルダカールは細身の女性で、独創的かつ多彩な料理人です。 アルファ版のGranite Gargoyleのフレーバーテキストにも登場する由緒正しき人物です。 今見ても十分強い 暗黒王ヴィンセントを召喚するものの対…

片目のガースについて考える

今日はこちら。 マローの言ってた「小説でしか登場していないキャラクターの伝説のクリーチャー化」らしい。 5色5マナの伝説の人間・ウィザード。 人間は言わずもがなウィザードも種族サポートは多く、種族的にはかなり恵まれた1枚。 5/5というマナ相応のス…

虚空の鏡について考える

今日はこちら。 全自動カウンター装置。 プレイヤーが唱える呪文にマナが払われていなかったり、無色マナのみで唱えてしまうとそれを打ち消してしまいます。 全自動故自分も被害を受けるのはご愛嬌。 例え無色呪文であっても色マナが1つでも含まれていれば打…

影の処刑人、ダッコンについて考える

今日はこちら。 未だ人気の高い黒き剣のダッコンが待望のPW化。 その色と能力を活かしたよいデザインのPWになりました。 ダッコンは名高い刀鍛冶であり、戦士でした。 イラストで彼が持っている黒き剣はあるPWから依頼されたもので、魂を奪う能力を持ちます…

モダンホライゾン2のヒントについて考える③

今日は残りのヒント消化していきます。 ・プロテクション(corruptionカウンターが置かれているクリーチャー) おそらく自身の能力でそのカウンターを置くはず。 起動コストにもよるけどリミテ番長なレアで終わるはず。 黒の大型クリーチャー。 ・1以上5以下の…

モダンホライゾン2のヒントについて考える②

今日もモダンホライゾン2のヒントの続きやっていきます。 ・あなたが毎ターン3つ目の呪文を唱える度 非常に自由度の高い条件節で、どんなカードにでもつけることができます。 赤い神話クリーチャーの蘇生だと予想。 ・あなたがコントロールする他のウーズ1体…

モダンホライゾン2のヒントについて考える①

今日はモダンホライゾン2のヒントについて。 ・強力で禁止された呪文で知られる伝説のキャラクターの伝説のクリーチャー化 トーラックではないかと言われています。 実際伝説のクリーチャーが一般的になってから登場したキャラクターは同時にクリーチャー化…

プライバシーポリシー