ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

弧光のフェニックスについて考える

f:id:rodasha:20220701093426j:image

今日はこちら。

 

ラヴニカのギルドで登場した4マナ3/2飛行、速攻のフェニックス。

戦闘開始時にそのターンにインスタントかソーサリーを3回以上唱えていれば墓地から戦場に戻す効果を持っています。

 

4マナパワー3飛行、速攻と素のスタッツだけでマナ相応の強さがあります。

加えて復活する効果が非常に強力。

専用の構築こそ必要なものの他にこれと言ってリソースを消費する事なく4マナ相応のクリーチャーが出せます。

その高いカードパワーからリミテッドからレガシーまで活躍した実績を持つラヴニカのギルドを代表するトップレアです。

 

リミテッドでは素のスタッツが優秀なことに加え、イゼットのテーマがインスタントやソーサリーを唱える事であり、急進思想を始めとした最活というメカニズムの存在から意外と復活が可能でした。

f:id:rodasha:20220701094935j:image

 

スタンダードでの相方は航路の作成

f:id:rodasha:20220701095549j:image

戦闘前に撃てば弧光のフェニックスを墓地に送り、戦闘後に撃てばアドバンテージを獲得できる優秀な相方です。

これを始めとしたキャントリップ系のカードを多用する事によりデッキを掘り進めることもできるので、1ターンに2枚目以降の弧光のフェニックスを復活する事も多々。

 

エクスプローラーでもほぼ同じデッキで活躍。

f:id:rodasha:20220701100652j:imagef:id:rodasha:20220701100658j:image
表現の反復帳簿裂き等優秀なカードを数々獲得し、トップメタに君臨。

ただ先日表現の反復が禁止された事で第一線から退きました。

 

イオニアではまだまだ健在。

宝船の巡航時を越えた探索等の非常に強力なアドバンテージ獲得手段を有しており、まだまだ戦えるデッキと言っていいでしょう。

f:id:rodasha:20220701101127j:imagef:id:rodasha:20220701101133j:image
次のチャレンジャーデッキの1つにも選ばれました。

表現の反復入ってたりしないよね?

 

モダンでも強力。

信仰無き物あさり思考掃きの存在から弧光のフェニックスを墓地に送りやすく、爆発力が高くなっています。

f:id:rodasha:20220701102004j:imagef:id:rodasha:20220701102011j:image
前者は3年前に禁止されましたが。

 

ヒストリックではまだ信仰無き物あさりが健在。

ドラゴンの怒りの媒介者帳簿裂きも使えるのでかなり人気のアーキタイプです。

f:id:rodasha:20220701102825j:image

 

レガシーでは暗黒の儀式から生き埋めで一度に3枚墓地に落とす事が可能。

f:id:rodasha:20220701103222j:imagef:id:rodasha:20220701103228j:image
睡蓮の花びらを絡められば1ターン目から3体で攻撃できます。

f:id:rodasha:20220701103250j:image

 

今年もやってきたパイオニア・チャレンジャーデッキ。

個人的にはグルール・ストンピィに期待。ではでは!

空殴りについて考える

f:id:rodasha:20220630100521j:image

今日はこちら。

 

ドラゴンの迷路で登場した2マナ2/2瞬速、到達、プロテクション(青)の打ち消されない昆虫。

 

いずれも青に対して強力な効果であり、強力な色対策カードとなっています。

同ブロックでは青を含む各種魔除けが効きません。

f:id:rodasha:20220630102107j:imagef:id:rodasha:20220630102114j:imagef:id:rodasha:20220630102120j:imagef:id:rodasha:20220630102159j:image
また前ブロックに存在した優秀な青のクリーチャーに対しても強力。

f:id:rodasha:20220630102255j:imagef:id:rodasha:20220630102302j:imagef:id:rodasha:20220630102308j:imagef:id:rodasha:20220630102315j:image
瞬速もあるので不用意に殴ってきたこれらを一方的に討ちとる事が可能です。
いやイニストラード青強すぎだろ。

とはいえサイズは灰色熊相当であり、いまいち押しにかける存在。

f:id:rodasha:20220630103311j:image

青相手でなければ瞬速位しか活かせる能力がなく、所詮は2マナといったところでしょうか。

多色環境ゆえ他の色を採用しているデッキが多いのも逆風。

ただ裏を返せば1枚1枚の色は多いので、プロテクションに引っ掛けやすく、どっちもどっちな気がします。

 

でなんで今これが上がってきているかというと、パイオニア需要。

(100→800)

先述したイニストラードのクリーチャー達はいませんが(今見たら残当という気もしますが)、代わりに台頭してきているのが青単スピリット。

攻撃しないと執着的探訪落ちるし、2ターン目なら2/2飛行位になってそうなのでうまく倒せそう。

f:id:rodasha:20220630104144j:image

リスト見ると本当に不詳の安息地位しか対処できるカードがありませんがこれは他の地上部隊が止めてくれそうです。

f:id:rodasha:20220630104026j:image

 

またドラゴンの迷路が…。ではでは!

ミッドウィーク・マジック:モミールに行ってきました!2022/6/29

今日はモミール。

 

デッキはこちら。

 

1戦目:○

2戦目:○

3戦目:○

 

何で1ターン目から動いてくる人多いの?

基本的には呪文から切った方がいいです。

少し質がいい程度ではマナ総量が2も3も違うカードとは話になりません。

例外は除去。

あとたまたまいいタイミングでいい感じのブロックに仕えそうなクリーチャーなら出した方が無難です。

基本はいつものモミール。ではでは!

トレイリアのアカデミーについて考える

f:id:rodasha:20220629103419j:image

今日はこちら。

 

ウルザズ・サーガの伝説の土地サイクルの青。

f:id:rodasha:20220629103632j:imagef:id:rodasha:20220629103639j:imagef:id:rodasha:20220629103658j:imagef:id:rodasha:20220629103707j:image
ただしパーマネント数を参照してマナを出す前者3枚のみを指してサイクルと呼ばれる事も多いです。
というか赤だけ弱すぎでは?

 

デュアルランドを抑え世界最強を謳われる超強力な特殊地形。

他2種と比べた際の一番の違いは0マナで出せるパーマネントの多さと、戦場に出たターンにマナを出せるパーマネントの多さ。

仮に当時のスタンダードで限定しても水連の花びらモックス・ダイアモンド魔力の櫃、及び魔力の櫃を起こしてマナが出せる通電式キーが存在していました。

f:id:rodasha:20220629104658j:imagef:id:rodasha:20220629104941j:imagef:id:rodasha:20220629105131j:imagef:id:rodasha:20220629105420j:image
なんで?

ちなみに厳かなモノリスもこの辺のカードです。

f:id:rodasha:20220629105205j:image
使われませんでしたけど。

 

これらを組み合わせ1ターン目に莫大なマナを生み出し、そのままゲームを終わらせるMoMaが大流行。

その由来はキーカード精神力の英語名Mind over Matterと、そのソリティアの手順の美しさを皮肉ってニューヨーク近代美術館の略称を引っ掛けたものとなります。

f:id:rodasha:20220629110040j:image

6マナと非常に重いエンチャントですが、その気になれば1ターン目からトレイリアのアカデミー単体で6マナ位余裕で出るので1ターン目設置が普通にありました。

 

ここまでの話は1ターン目にものすごいマナが出るよ、というだけの話です。

例えマナが出てもそれだけでは何もできません。

一瞬で手札が切れて終了です。

実際WotCもここまでは想定していました。

 

しかし手札が尽きるのであれば単純にドローソースを入れればいいだけの事。

それでは当時活躍していたドローソース2枚を紹介しましょう。

意外な授かり物時のらせんです。

f:id:rodasha:20220629110245j:imagef:id:rodasha:20220629110253j:image
この2枚はウルザズ・サーガに収録されていたカードです。

 

前者は各プレイヤーに手札を捨てさせ、これによって一人に捨てられた最も多い枚数分だけドロー。

Wheel of Fortuneのリメイクカードですね。

f:id:rodasha:20220629112601j:image

先手第一ターンに撃てれば相手の手札は7枚なので7枚引けます。

こちらの手札は精神力のコストにする為、確実な6アドバンテージとなります。

とはいえ普通に使えばコントロール色の強い青はあまり積極的に手札を消費しづらく、また3ターン目にはアグロ相手ならそれほど残っていないと予想できる為、これを強力なドローソースとして認識できなかったのには頷ける所があります。

 

後者は自身を追放、手札と墓地をライブラリーに戻し、7枚ずつ引かせた後、土地を6枚まで起こします。

こちらはTimetwisterのリメイク。
f:id:rodasha:20220629112611j:image

フリースペルの1枚であり、引いてきたカードをそのターンに使えないというTimetwisterの弱点を克服しています。

流石に元の倍というマナ総量により使いにくさはあるものの、比較して語られている時点で強さは明確。

というか7枚引くと書いた時点で察してくれ。

 

こうして生み出された莫大なマナから天才のひらめきでライブラリーアウトというのが主な勝ち筋。

f:id:rodasha:20220629113240j:image

これもウルザズ・サーガのカード。

Braingazerのリメイクで、マナ総量が重くなったのは難点ですが、大差はなかったようです。

f:id:rodasha:20220629113550j:image

これらのカードでの1ターンキルが普通にありました。

皆さん僕は今スタンダードの話をしています。

 

あまりの強さからスタンダードで禁止。

続いてレガシーやヴィンテージ、ブロック構築でも禁止となり、MoMaは弱体化しました。

統率者でも序盤からマナファクトを展開するという動きが一般的な事から禁止カードとなっています。

 

ちなみにこの学園創設者はウルザ、卒業生にテフェリーがいます。

f:id:rodasha:20220629114549j:imagef:id:rodasha:20220629114555j:image
現在は廃墟。残当。ではでは!

ロフガフフの息子、ログラクフについて考える

今日はこちら。

 

ログラクフは偉大なるドラゴンのプローシュを崇拝するカー砦のコボルト達の指導者です。

彼らの最も重要な教えは神にふさわしい行いをせよ、という物であり、彼らは教えに従い、主に略奪や破壊行為を繰り返しています。

その教えを守り生きる事で彼らはプローシュの卵の一つから生まれ変わると信じているのです。

 

ある日ロフガフフはプローシュのように生きる一番の道が、プローシュのようになる事だと思いつきました。

その瞬間彼は暴君として振る舞い、プローシュに捧げられたものと同等の貢ぎ物を要求するようになりました。

ログラクフは父が自らの民から略奪するのを黙ってみてられませんでした。

代わりの略奪相手はたくさんいるのです。

彼はコボルト達に「正しい」道を取り戻させる為、抵抗軍を率いています。

 

統率者レジェンズで登場した0マナ0/1先制攻撃、威迫、トランプル、共闘の伝説のコボルト・戦士。

不敬の皇子、オーメンダールのように土地から変身するクリーチャーや、航空船を強襲する者、カーリ・セヴから生成されるラガバンのようなトークンを除けば、初の0マナの伝説のクリーチャーです。

有色である為、モックス・アンバーと最も相性のいいカードと言ってもいいでしょう。

 

0マナで唱えられるもののパワーは0。

先制攻撃もトランプルも役に立たず、通してもダメージが入らないので威迫も微妙です。

チャンプブロック要員としては使えますが、統率者に指定しても一度死んでしまうと統率者税は払う必要がある為、2回目以降はマナがかかってしまい旨みがありません。

 

Kobolds of Kher Keep同様コンボ要因として使うのが最も強力。

0マナで統率者を用意できるので偏向はたきを構えやすくなり、三度の再誕、ジェスカの忠誠度を稼いだりする事も可能。

三度の再誕、ジェスカ

生贄要員としても優秀で船壊し、ダーゴの着地を早めたり、愚者滅ぼし、テヴェシュ・ザットで3ドローしたりできます。

船壊し、ダーゴ愚者滅ぼし、テヴェシュ・ザット

 

キーワード能力を3つも持っているのも特徴。

イクシドールの理想、アクローマと組めば4/5まで成長できます。

イクシドールの理想、アクローマ

ただ7マナのクリーチャーが出ている状態でそのスタッツでもそれほど強くないような…。

 

コンボ環境の統率者では有力な統率者であり、先日行われた第二期統率者神決定戦では愚者滅ぼし、テヴェシュ・ザットと組んで決勝までコマを進めました。

こういうフレンチバニラ好き。ではでは!

プライバシーポリシー