ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

マイコシンスの庭について考える

f:id:rodasha:20230130100033j:image

今日はこちら。

 

ファイレクシア: 完全なる統一で登場する球層。

無色1マナを出せる能力、(1)を好きな色に変えられる能力、及び(X), (T)で自分のマナ総量X以下のアーティファクトのコピーになる能力を持っています。

 

とりあえずゆらめく岩屋の上位互換。
f:id:rodasha:20230130100923j:image

これだけで構築に入るのはかなり厳しいものの、最低限のマナ供給及び色マナの安定供給に役立ってくれます。

 

最大の特徴はやはり3つ目のアーティファクトのコピーになれる能力でしょう。

強力なアーティファクトの多い下環境ほど活躍できる可能性があり、例えば統率者では魔力の墓所太陽の指輪のコピーになる事で、よりマナを生み出せるようになります。

f:id:rodasha:20230130101331j:imagef:id:rodasha:20230130101341j:image
ただし起動にタップが必要な為コピーしたターンは基本的に使う事ができません。

魔力の櫃等をコピーするのであれば、巻き戻しの時計等の別個アンタップ手段が欲しいところです。

f:id:rodasha:20230130101557j:imagef:id:rodasha:20230130101925j:image

 

インスタント・タイミングでコピーできるのも強力。

ファイレクシアン・ドレッドノートを出し、着地誘発にスタックして能力を解決すれば、12/12トランプルが戦場に君臨します。

f:id:rodasha:20230130102304j:image

タップ状態なのでそのターンは攻撃できませんが、その存在感はかなりのもの。

 

またタップ状態でも問題なく発動できるものであればそのターンから有効に使えます。

ライオンの瞳のダイアモンドはその代表格ですね。

f:id:rodasha:20230130102612j:image

6マナ統率者の夢が広がる…。

また精力の護符のようなそもそも能力にタップを伴わないものであればそのターンから強力に使う事ができます。

f:id:rodasha:20230130103555j:image

 

ネックとなるのは土地として見た場合の性能の低さ。

色マナがシビアなANTに入って環境を壊す、という事は流石に無いんじゃないかな、と予想します。

 

とはいえどう見ても可能性の塊。

後々高騰してもおかしくない1枚なので、初動で抑えておいた方が賢明かもしれません。

 

マイコシンスはミラディンに存在する菌糸状の金属。

その正体はファイレクシアの油によって生み出された物質であり、その胞子には生物の肉体を金属化させ、あるいは金属に生体をもたらすような働きがあります。

ミラディンを新ファイレクシアへと作り替えた一因でもあり、その名前の登場は初代ミラディン・ブロックのダークスティールであった事から、この頃からミラディンが新ファイレクシアへ堕ちる運命にあったという事になります。

f:id:rodasha:20230130105048j:image

 

また球層とは旧ファイレクシアが取っていた次元の構造に由来します。

旧ファイレクシアは9つの球体がそれぞれを包み込むような形をしており、内側に行けば行くほどより地獄が待っていました。

現在旧ファイレクシアは消滅していますが、ここでこの名前がが登場したという事は、ミラディンがかつての球体ファイレクシアのように変容しているのかもしれません…。

 

果たして活躍なるか。ではでは!

『ファイレクシア: 完全なる統一』のヒント(答え合わせ)(後半)

・各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーが2つ以上の基本土地をコントロールしていないかぎり、これはそのプレイヤーに2点のダメージを与える

1ターン目に出すとお互いに2点ずつ食らい続ける訳の分からないダメージソースになります。

本体も3マナ3/3威迫とスタッツ良好。

とはいえ現在の赤単プリズンや赤単アグロの枠を食うほどではないかな…。

一番の驚きはこれがアンコモンという事。

 

・すべての墓地にあるすべての土地・カードすべての起動型能力を持つ

通称すべすべ。

最悪フェッチランドにできますが、基本的に土地は墓地に行かない為、そこから先が難しすぎます。

3マナの効果じゃないような…という事でたぶんすべすべは流行らない。

 

・「その後、墓地に20枚以上のカードがある場合、あなたはカード3枚を引く」

通称カニジェイス。

時間稼ぎと切削の相性はよく、一番上の効果は実質同時に3枚切削も行ってるので、複数枚積むことでLOでの勝利が狙えるかも。

まあ実際はそんな悠長なことはせず、他のPWが優先されそう。

リミテの鬼。リーグだと5、6ターンにはほぼ決着。

 

・「クリーチャー1体の死亡によりあなたがコントロールしているパーマネントの誘発型能力1つが誘発するなら、その能力は追加でもう1回誘発する。」

黒ドミヌスのドリヴノッドさんでした。何でこの効果全員伝説やねん。

タフ偏重ですがマナの支払いなく破壊不能を得られるのでかなり強力。

統率者にするなら色が増えるテイサ・カルロフの方が強そうなので、統率者ダメージを活かしていきたいところ。

スタンダードとかでは出してすぐ発動するわけではないものの、横にいる生物を特攻させれば誘発するのでそれほど悪くはないのでしょうか?

 

・「あなたのライブラリーから、基本か球層か神座である土地・カード1枚を探し、公開し、あなたの手札に加える。その後、ライブラリーを切り直す。」

「このカラダいいね」と君が逝ったから2月3日は完全化記念日

9種類揃えれば完全化しますが、リミテッドでは夢のまた夢。

毒性9は魅力的ですが、回避能力がある訳でも無し構築でも普通に弱いと思います。

 

・ファイレクシアン・クラゲ

6マナとはいえ4/4飛行はゲームを終わらせる力があります。

死亡時には1ドローが付いていますが、リミテでは引いてもフィニッシャー残ってなさそう。

油の乗ったいいクラゲ。食べる時は自己責任で。

 

・ファイレクシアン・ファンガス

全てがわからないヤバいキノコ。開発室キメた?

流石に下環境でも見かけるようになると思います。

 

・ファイレクシアン・恐竜

強靭!無敵!最強!最強を完成化したらもっと最強になりました。

こういう頭悪いMTGしたい。結果残してくれ。

ちなみに他にも5/4/4速攻、毒性3とかいます。あっちはリミテでヤバそう。

 

・猫・レベル

厄介ではあるけどそれほど強くなさそう。

今回ミラディンのために!のために装備品最初から使用中で出たりコスト重かったりでこの子が装備する事はなかなかなさそう。

まあ3/3/2護法2そこそこ強いんですけどね。凡か下寄り。

 

アーティファクト・クリーチャー – ファイレクシアン・イカ

帰ってきたブルードスター

とはいえそこまでアーティファクト・土地も無いのでまあ厳しそう。

リミテは環境次第だけどボム。

 

・ファイレクシアン・バジリスク

パワーは下がったけど毒性あるので実質タフネスが上がった短刀背のバジリスク

そもそも接死だから1あればいいしね。

攻めよし守りよしの万能クリーチャーとしてそれなりに活躍してくれそう。

勿論リミテで。

 

・オーガ・レベル

パワー7の軽減持ちトランプルはいつだって魅力的です。

そのまま装備品付けてもいいですが、マナカーブが難しい点だけ注意したいですね。

他に故郷を知った5/5/5威迫到達とかもいます。スタッツ大きいので強そう。

 

アーティファクト・クリーチャー – ファイレクシアン・マスティコア

令和のマスティコアはディスカードもアドバンテージに変えます。

土地を捨てて魔力の墓所を割りましょう。

まあ実際には構築では使われないんじゃないでしょうか。

黙示録、シェオルドレッドにはめっぽう強そう。

 

・伝説のファイレクシアン・ネズミ

ネズミに毒性を持たせるすごいネズミ。

10回殴れば人が死ぬ。

とはいえ多くのネズミは群れればその時点ですさまじいパワーを誇っていることが多い為、毒性関係なく勝ててあまり意味なさそう。

カジュアルEDHに。

 

・伝説のファイレクシアン・象・ウィザード

条件は厳しいけど複数体出せれば強そう。

ただそれが難しそうなので弱いと予想。

あとウィザードより工匠のが近そう。象…?

 

ヒントからプレヴューまで1週間ください…。記事が上げられないんです…。

ではでは!

『ファイレクシア: 完全なる統一』のヒント(答え合わせ)(前半)

・「堕落」という名前の能力語

対戦相手1人が3個以上の毒カウンターを持っていると、強化されるメカニズムです。

対戦相手であれば誰でもいいので多人数戦で面白い挙動をする可能性があります。

毒性などこのセットのカードを用いなければスタンダードで毒を与えるのはほぼ不可能なので、(アジャニくらい?)拡張性が低い分今回どれだけ活躍出来るかがこのキーワードの評価を決める事になりそうです。

 

・あなたがコントロールするプレインズウォーカーに忠誠度能力を与えるアーティファクト

実質的な+能力と奥義を付けられる新しいアーティファクトです。

PW呪文をはじめとした非クリーチャー呪文を唱える度にパーマネントのカウンターを増やせるのでフレンズデッキにぴったりな1枚です。

ただ単体だと何もしない3マナのアーティファクトなので、これを入れるくらいなら普通にPWを入れた方がいい可能性も…。

オブ増殖から増殖させたい。

 

・キーワード能力を持つ新しいファイレクシア・ダニ・クリーチャー・トーク

毒性1を持つトークンが生成されます。

毒はライフに関係なくダメージを与えられるので実質パワー2、統率者であればパワー4になります。

ただしクリーチャーに対しては特に何もできないのでタフ2がいるだけで何もできずにモジモジしてしまいます。

それこそ数を活かした人海戦術を取りたいですね。

 

・4色の伝説のクリーチャー

アトラクサさんが再登場。

戦闘面、アドバンテージ面で破格の性能を誇っており、出せればかなり勝ちに直結します。

出せれば。オムナスではない。

 

・新しいタイプ・カウンター

おそらく油カウンターの事でしょう。

増やせばファイレクシア侵略が進みます。

油にまみれた世界を作りましょう。速水もこみちファイレクシアン説。

 

・カード名に「ファイレクシア」を含む再録カード(ファイレクシアの抹消者以外)

これです。懐かしいですね。

カジュアルなEDHだとかなり活躍しているカードです。

ネクロポーテンスヨーグモスの取引と比べると微妙そうに見えますが、構築でもコントロールなどで活躍した実績があります。

…読めますよね?

 

・名前に感嘆符を含む新キーワード

MTG君D&Dコラボくらいから少しおかしくなった?

まあカードゲームやるのにテンション高いのはデメリットが無いのでよい。

2/2が付いてくるので死亡時に装備品が残る強めのクリーチャーという印象です。

まあほとんど装備できないんだけど…。

 

・3枚のカードに親和が戻る

3枚目統率者限定なんですけど…神河の生きる装備品クリーチャーを併用すれば、構築でもワンチャン…いや、カードが少なすぎますか。

 

・ファイレクシア化した威圧の杖

無限マナに加え無限ライフを用意できれば無限に起動できます。

最後もライフで払えてほしかったな…。ダメなのかな?

 

・新しい剣サイクル

赤緑不遇の時代になぜか登場した赤緑剣。

お前が来なくても赤緑の時代は割と終わり気味なんだが?

ただし統率者需要はバク高だと思います。

 

・「1つ以上のトークンがあなたのコントロール下で生成されるなら、代わりにその2倍の数のそのトークンを生成する。」

新しい選定された行進

元が4マナなので4マナ4/4についているのはかなり破格。

能力を起動できれば除去もかなり難しくなり、非常に強力。

ただ構築ではオーバーパワー気味なので、やはり統率者向けか。

 

・「あなたの手札を捨てる。その後、カード4枚を引く。」

パワー2ならワンチャンあった。

1/2だとクロックとしての価値はほぼほぼ望めないし、クロパなら秘密を掘り下げる者僧院の速槍と同居するのがかなり問題…。

 

・これがクリーチャーを対象とするなら、この呪文を唱える為のコストは(3)多くなる。

生物除去は6マナ、そうでなければ3マナのカード。

非生物なら忘却の輪がインスタントになりました。は?

非生物除去としてはかなり破格なので、構築で使われるかも。

特にフレンズ環境になった場合は。無いか。

 

・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーが持っている毒カウンターが9個より少ないなら、そのプレイヤーはその差に等しい個数の毒カウンターを得る。

結局毒カウンターは9個になりそう。流石にそうか。

フレンズ系が成立するのであればこの増殖はかなり化けそう。

[-2]もかなり強いしなぁ…。何なら神話ですし?

 

・プレイヤーは墓地や追放領域からクリーチャーでない呪文を唱えることはできない

 

検証とかやってもらうと分かると思うんですけど今回のギャラリーの画像なぜか4倍くらい大きいので今後バカデカ画像になるかもしれません。

ご了承ください。ではでは!

腐れ花について考える

f:id:rodasha:20230127120928j:imagef:id:rodasha:20230127121827j:image

今日はこちら。

 

ファイレクシア: 完全なる統一で登場するファイレクシアン・ファンガス。

緑2マナ3/2で(1)支払って生け贄に捧げると対象のエンチャントかアーティファクト1つを破壊するか、増殖を行う事ができます。

 

2マナ3/2とスタッツが優秀な上に効果も強力。

破壊対象がいなくても戦闘や増殖に使える為名前に反し、かなり腐りにくいカードとなっています。

 

競合相手としては1マナ軽くライフも回復できる機能不全ダニや、

f:id:rodasha:20230127122333j:image

夜になればスタッツを上回り、攻撃するだけでエンチャントやアーティファクトを破壊できる辺境地の罠外しが存在します。

f:id:rodasha:20230127122902j:imagef:id:rodasha:20230127122916j:image

 

スタンダードで基本的に夜になる事は稀な為、辺境地の罠外しよりは採用されやすそうですが、強敵は機能不全ダニの方。

アーティファクト・クリーチャーやクリーチャー・エンチャントを倒せる事や、増殖ができる事に価値を見出したいですね。

f:id:rodasha:20230127123558j:imagef:id:rodasha:20230127123612j:image
幸い壊したいアーティファクトやエンチャントは環境に蔓延しています。

 

ここのところ毎日緑のカードを紹介していますが、これはその分期待できるカードが緑に集まっているということ。

現在は緑不遇な環境でしたが、次は緑の隆盛が見られるかも。

グッバイ赤。ではでは!

沈黙を破る者、スラーンについて考える

f:id:rodasha:20230126094450j:imagef:id:rodasha:20230126094456j:image

今日はこちら。

 

ファイレクシア: 完全なる統一で登場する新スラーン。

緑5マナ5/5で打ち消されず、トランプル、緑でない呪文や能力の対象にならない能力、自分のターンの間破壊不能を持ちます。

 

これぞ緑といった感じのクリーチャーで、特に青に対して絶大な力を発揮します。

トランプルと自ターン限定の破壊不能によって攻撃時は無敵、疑似呪禁によって除去も効きません。

サイズも大きく継続的に止めるにはタフネス6以上が必要です。

黙示録、シェオルドレッドを気にせず攻撃できるのは強力ですね。
f:id:rodasha:20230126100128j:image

まあ、あっちの効果まで考えたら殴り合うとダメージレース負けるんですけど…。

 

緑でない呪文や発生源の対象にならないという能力は緑以外に対しては呪禁そのもの。

むりやりキーワード能力にしようとすると、緑でない呪文や発生源からの呪禁…?

その後に注釈文が必要な事も考えれば、まあ素直に書いた方が良さそうです。

 

スラーンはミラディンの傷跡ブロックで登場したクリーチャーで、過去には最後のトロール、スラーンとしてカード化されています。

f:id:rodasha:20230126100853j:image

比較するとマナレシオは五分、打ち消されない能力は健在、再生の代わりに自ターン破壊不能は五分、トランプルは強化、呪禁は弱体化と様々な調整は見られるものの、かなり似通ったカードとなっています。

 

その最後のトロール、スラーンですが、あまり活躍できませんでした。

当時は感染を始めとしたマイナス修正が多く、またレジェンド・ルールによって伝説のクリーチャーは同名が戦場に出るとコントローラーを問わずに両方とも墓地に送られていました。

f:id:rodasha:20230126101636j:imagef:id:rodasha:20230126101725j:image
また環境には様々なデッキで活躍したプロテクション(緑)の剣が2本も存在しており、

f:id:rodasha:20230126101832j:imagef:id:rodasha:20230126101837j:image
そもそも当時の緑のクリーチャー・デッキは感染が主流だったなどなど大きな逆風が吹いていました。

 

今回の有毒はクリーチャーにマイナス修正を与える能力はなく、レジェンド・ルールも変更されました。

なぜかまたプロテクション(緑)剣は存在しますが、今度こそ活躍を期待したいです。

f:id:rodasha:20230126102140j:imagef:id:rodasha:20230126102152j:image

本当になんであるの?

 

ファイレクシア: 完全なる統一には既に打ち消されないティラナックス・レックスの収録が決まっており、
f:id:rodasha:20230126102258j:imagef:id:rodasha:20230126102307j:imagef:id:rodasha:20230126102317j:image
これは今後緑に同様に打ち消されないクリーチャー・呪文が増える前兆かもしれません。

現スタンダードで不遇な緑の沈黙を破る事はできるのか。

ではでは!

プライバシーポリシー