ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

自宅でFNM:ヒストリック・ブロールに行ってきました!2021/5/7

f:id:rodasha:20210507100043p:plain

今日はヒストリック・ブロール。

 

デッキはいつもの創案の座、オムナス

f:id:rodasha:20210507113550p:plain

 

1戦目:朱地洞の族長、トーブラン ○

先手2T目:成長のらせん

3T目:創案の火+創造の座、オムナス

4T目:死者の原野セット、約束の刻星海の大蛇、コーマで相手投了

f:id:rodasha:20210507103850p:plain

 

2戦目:龍神、ニコル・ボーラス ○

2T目探検

3T目成長のらせん豆の木の巨人の出来事

4T目死者の原野トロールの喚起

5T目星界の大蛇、コーマ

6T目裏切りの工作員で勝ち

f:id:rodasha:20210507104631p:plain

この後少しデッキを調整しました。

 

その後も何回か回しましたが、遵法長、バラル以外には大体勝てました。

ではでは!

ウルザの物語について考える

画像

今日はこちら。

 

モダンホライゾン2で登場するエンチャント・土地。

サブタイプとして「ウルザの」と英雄譚を持っています。

「ウルザの」自体には特に何の意味も無いのでフレーバー・テキストだと思って大丈夫だと思います。

 

第1章ではこの土地は無色1マナを生み出します。

土地としては最低限の能力ですね。

アーティファクトとエンチャントの大きな違いの一つとしてタップしないという物があったのですが、それも今回で無くなってしまいました。

いよいよ境目があやふやになってきた事になります。

これを目的にデッキに入れることはないと思われる為、さっさと次の章に進みましょう。

 

第2章ではこれをタップするとともに、2マナ払う事で、アーティファクトの数だけ+1/+1される無色の0/0の構築物・アーティファクト・クリーチャー・トークンを生成します。

最低限本人がアーティファクトなので1/1、アーティファクトを並べていけばそれ以上となります。

この効果は1ターン継続する為、自分のメインターンに土地を置けば3ターン目から起動可能で、その土地が裏切り者の都などであれば2ターン目から起動可能です。

 

ウルザの後継、カーンの-2能力や最高工匠卿、ウルザが着地時に生成するトークンと同一ですね。

これらが4マナだったのに対し、こちらは起動コストだけ考えても2マナで生成できる為、非常に強力です。

とはいえ1ターンこれを置くのに使っている点を考えれば実質3マナかかってますし、ウルザの後継、カーンのように連続で生成したり、最高工匠卿、ウルザのようにマナを出したりと言った活用はできない為、妥当な強さかもしれません。

 

土地であるにもかかわらず同時に英雄譚でもあるこのカードは、第3章を迎えると自壊してしまいます。

その代わりとなる第3章はデッキからマナ・コストが(0)か(1)であるアーティファクトを戦場に出す効果です。

ヴィンテージであれば各種Moxを持ってくることで実質基本土地に変化し、太陽の指輪であればマナ加速になります。

真髄の針魂標ランタンのようなシルバーパレットもサーチでき、その対応力は抜群。

というかアーティファクトをサーチして戦場に出せる土地って本気で言っているのでしょうか?

 

詳しいことはリリースノートが出るまで分かりませんが、土地・エンチャントは土地としてプレイすることができ、スタックを積むことなく解決されます。

星座などのエンチャントシナジーは受けられますが、それよりも第2章、第3章とシナジーするアーティファクト・デッキでの採用が主となるでしょう。

 

以前アーティファクト・土地が作られた際には、アーティファクトシナジーの強さからその全てが禁止されてしまいました。

その失敗を踏まえてエンチャント・土地はテ―ロスの時には一度たりともデザインされず、神々の軍勢でも作られず、テ―ロス還魂記でも星座との組み合わせが強力すぎるとして断念されました。

その際にエンチャント関連テーマが無ければ作られるかもしれないと言っていたのですが、それが今回だったという訳です。

 

実際エンチャント・シナジーは割と大丈夫と思われるまで調整されたと思われるのですが、これ別の問題があるような…。

まあウルザだししょうがないか。MTG界のゴールドシップだし。ではでは!

 

(修正)得るというのが永続効果だった為、相手ターンや2章3章誘発時でもマナを出したり、トークンを2回生成したりできます。

じゃあ壊れだと思うんですけど…。

にやにや笑いのイグナスについて考える

にやにや笑いのイグナス

今日はこちら。

 

ゴブリンのような見た目をした3/2/2のエレメンタル。

種族的にはシナジーが多く優秀なエレメンタルなのですが、現環境には孤児護り、カヒーラしか存在せず、寂しいところ。

f:id:rodasha:20210506095331p:plain

オフ会0人

 

戦闘力としてはやや見劣りするものの、一応ブロッカーとして使うことはできます。

できますが、やはり戦闘面での活躍を期待するのはおそらく間違いでしょう。


ソーサリータイミングでしか使えませんが、赤1マナを払って手札に戻す事で、(◇)(◇)(赤)を加えることができます。

起動までには(2)(赤)(赤)かかってしまっている為差し引き赤1マナ損してしまっていますが、マナを貯めておける為4ターン目以降の大きなアクションにつなげやすいです。

例えば4ターン目に6マナの呪文を撃つことが可能となります。

 

生け贄ではなく手札に戻す為、再び出し直すことができます。

マナ加速として繰り返し使えるのも強いですね。

 

今回プリズマリ大学には5マナ以上の派手で強力な呪文が大量に存在しており、それらの発動コストとして主にリミテッドで十分な働きをします。

精霊召喚学精霊の傑作

 

また語りの神、ビルギと組み合わせると無限に出し入れする事が可能。

f:id:rodasha:20210506104310p:plain

これはカルドハイム中を揺るがす物語よ

血統詐称者峰の恐怖がいればそのままゲームを決められます。

 

ヒストリックではぶどう弾等のストーム系カードが同時に追加された為に、それをフィニッシュ手段に添えたデッキが構築できます。

f:id:rodasha:20210410113511p:plain

大抵は数回出し直したタイミングで相手が爆発しそうですね。

 

今回新録なのですが、実は前に未来予知のフューチャーシフトに再録されたことがあります。

テーマデッキの一つ「未来の衝動」に収録され、ケンタウルスの前兆読みなどと組み合わせてマナ加速コンボが搭載されていました。

 

今後も未来予知のフューチャーシフトが新しくスタンダードに登場することになると思います。

まずはタルモゴイフをお願いします。

ではでは!

rodasha.hatenablog.com

rodasha.hatenablog.com

rodasha.hatenablog.com

ドラニスの判事について考える

f:id:rodasha:20210505105452j:image

今日はこちら。

 

イコリアで登場した2/1/3の人間・ウィザード。

共に種族サポートが豊富で、パーティも組めます。

ただし判事ではなさそう。

 

永続能力として手札から(修正)手札以外から呪文を唱える事を禁じます。

非常に当たり前の事しか書いてないのですが、これが環境的に非常に刺さる効果となっています。

 

スタンダードでは出来事や脱出、出現の根本原理義賊等影響を与えられるカードが大量にあり、それらを1枚で封じられるこのカードは非常に重宝されています。

f:id:rodasha:20210505110923j:imagef:id:rodasha:20210505110934j:imagef:id:rodasha:20210505110950j:imagef:id:rodasha:20210505111108j:image
一方で対戦相手しか制限しない為、自分は自由に使えるのも嬉しいです。
司法の腐敗。

 

現環境の基準除去である踏みつけは2点しかダメージを与えていない為、タフネス3が除去しづらいのも魅力的。

このカードを除去する為に焦熱の竜火等他の除去を採用する必要があります。

f:id:rodasha:20210505114404j:image

 

新しく登場した精鋭呪文縛りとのコンボはかなり強力で、戦場にいる限りキャストを封じる事ができます。
f:id:rodasha:20210505113555j:image

 

ルール上ゲーム外部から呪文を唱えるブロールでは、統率者のキャストを封じられる事が問題視され禁止。

(統率者戦では禁止されてませんが、ヘイトを買う事間違いなしです。)

またこのカードの登場したイコリアのメインメカニズム、相棒は後にコストを払って手札に加える様になった為、関係なくなってしまいました。

悲しい。

 

今後1ターンに1枚しか引けないとか土地からは1マナしか出ないとか当たり前に見える効果の書かれたヘイトベアーが登場するかもしれません。

ではでは!

断固たる否定について考える

f:id:rodasha:20210504111737j:image

今日はこちら。

 

クアンドリクス大学の2つのモードを持つインスタント。

 

1つ目のモードは襲撃

f:id:rodasha:20210504112308j:image

格闘自体が優秀なうえ、インスタントタイミングなのでオーラ等の単体強化前に対象を倒す事ができます。

ただ後に登場した剛力の殴り合い強行突破等の実質下位互換である為、単体としては少し見劣りします。

f:id:rodasha:20210504112856j:imagef:id:rodasha:20210504112903j:image

2つ目のモードは非クリーチャー呪文限定のマナ漏出

f:id:rodasha:20210504113227j:image

こちらも元と比べると少し見劣りするものの、モデルが相当に強力な為、これでも充分強力。

相手の除去やPWを打ち消し、戦いを有利に進めましょう。

 

このカードは単体では少し弱めのモード2つを使いこなす事ができる為に、あらゆるデッキに対し有効に使う事ができます。

緑の優秀なクリーチャーを青のカウンターで守るという緑青のデッキ理念を体現している非常にいいデザインのカードです。

 

リミテッドでは当然強力。

互いにクリーチャー戦主体になりやすいので格闘が強力なのに加えて、ストリクスヘイヴンでは比重の多いインスタントやソーサリーに有効に対処できるのが環境に噛み合っています。

 

一方でスタンダードではあまり使われていません。

トップメタのスゥルタイ根本原理はクリーチャーがほとんどいないので格闘がうまく使えず、ティムールアドベンチャーは枠が足りません。

f:id:rodasha:20210504115615j:image

f:id:rodasha:20210504115636j:image

 

代わりにヒストリックでは緑単ストンピィにタッチされる形で採用されました。

サイド後はコントロール相手にはカウンターを増やして戦います。

 

非常に強力な1枚。

断固拒否せず使ってみては?ではでは!

プライバシーポリシー