ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

岩山炎の冒険者、メイブルについて考える

今日はこちら。 ブルームバロウにて登場する伝説のハツカネズミ。 赤白3マナ3/3の伝説のハスカネズミ、兵士で、 自分のこれでないハツカネズミ全員に+1/+1修正を与える常在型能力と、 戦場に出たとき、「岩山炎」という名前の、装備クリーチャーに+1/+1修正…

ナカティルの最下層民、アジャニについて考える

今日はこちら。 モダンホライゾン3で登場する新アジャニ。 第一面は白2マナ1/2の伝説の猫・戦士で、 戦場に出たとき、白の2/1猫・戦士・クリーチャー・トークン1体を生成する誘発型能力と、 自分のこれでない1体以上の猫が死亡するたび、「これを追放し、オ…

冠雪の荒地について考える

今日はこちら。 モダンホライゾン3にて登場する冠雪の荒地。 基本氷雪土地で、 (T), (◇)を加える起動型能力を持ちます。 遂に登場した氷雪シナジーを有する無色マナが出せる基本土地。 固有色に関係なく採用できますが、元々1色でもあればそちらを採用するの…

ミッドウィーク・マジック: モミールに行ってきました!2024/2/28

今日はモミール!さっくりやっていきましょう。 1戦目: ○ 2戦目: ○ 3戦目: × 4戦目: ○ 久々に土がついてしまいましたがともあれ終了。気軽にできるのがいいですね。 ではでは!

富と力の剣について考える

今日はこちら。 サンダー・ジャンクションの無法者のボーナスシートにて登場する11本目の剣。 3マナ装備(2)の装備品で、 装備クリーチャーに+2/+2修正と、プロテクション(インスタントとソーサリー)を与える常在型能力と、 装備クリーチャーがプレイヤーに戦…

首謀者、オーコについて考える

今日はこちら。 サンダー・ジャンクションの無法者にて登場する新オーコ。 緑青4マナ初期忠誠度3のオーコで、 戦闘開始時に自分のクリーチャー最大1体を対象とし、ターン終了時まで呪禁を得ることを除き、それのコピーになる誘発型能力、 [+1]でカード2枚を…

血管切り裂き魔について考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場した重量級クリーチャー。 黒6マナ6/5飛行の吸血鬼、暗殺者で、 クリーチャー1体を生け贄に捧げる護法能力と、 クリーチャー1体が死亡するたび、対戦相手1人を対象とし、そのプレイヤーはライフ2点を失い、自分は…

再誕世界、エムラクールについて考える

今日はこちら。 モダンホライゾン3で登場する新エムラクール。 12マナ12/12飛行、プロテクション(呪文やこのターンに唱えられたパーマネント)、マッドネス(◇)6点の伝説のエルドラージで、 唱えたとき、プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーのクリーチャ…

ラックのボブルヘッドについて考える

今日はこちら。 Falloutで登場する特殊勝利可能なマナ・アーティファクト。 3マナのボブルヘッドで、 (T)で好きな色のマナ1点を加えられる起動型能力と、 (1), (T)で自分のボブルヘッド1人につき1つの6面体サイコロを振り、偶数1つにつきタップ状態の宝物1つ…

対抗色フィルターランドについて考える

今日は対抗色フィルターランドについて。 フィルターランドは2001年のオデッセイにて初登場しました。 これらの土地はライフの損失なく色マナを生み出せます。また土地2枚から2マナ出せるので、全体的なマナ総量で損失がありません。 ホームランドに3色出せ…

ミッドウィーク・マジック: 最先端に行ってきました!2024/2/21

今日は最先端! カルロフ邸殺人事件及びイクサラン: 失われし洞窟、エルドレインの森のカードを使用した構築イベントです。 構築ではちょうどボロス召集が暴れてるらしいですし、赤白でも組んでみましょうか。 (まあエスパーも版図もこのプールだと組めませ…

戦の惨害について考える

今日はこちら。 ポータル三国志にて登場した全体除去。 白4マナのソーサリーで、 すべての土地を破壊する効果を持っています。 ハルマゲドンの同型再販。 元がソーサリーであった為か効果もまったく同じです。 じゃあ何が違うのかというとカードが違います。…

オールモストパーフェクトについて考える

今日はこちら。 Falloutにて登場する重量級オーラ。 緑白6マナのオーラで、 そのクリーチャーの基本のP/Tを9/10にし、破壊不能を与えます。 思いコストに見合った強力な修正を与える1枚。 9/10というスタッツに加え、破壊不能まで得られればどんなクリーチャ…

狂信の力について考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場したバットリ。 緑2マナのインスタントで、 クリーチャー1体を対象とし、ターン終了時まで、それに+3/+3修正とトランプルを与える効果を持ちます。 捕食者の一撃の同型再販。 イクサラン:失われし洞窟の圧倒的巨体…

妥当な疑惑について考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場した打ち消し呪文。 青2マナのインスタントで、呪文1つとクリーチャー最大1体を対象とし、前者のコントローラーが(2)を支払わないかぎり、それを打ち消し、後者に容疑をかける効果を持ちます。 火消しの上位互換。…

遂行中について考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場した全体強化。 白4マナのインスタントで、 ターン終了時まで、自分のクリーチャー全員に+2/+1修正を与え、調査を行う効果を持っています。 鼓舞する突撃の亜種にして、その上位互換。 しかしその勝率はコモンの中…

徴兵されたワームについて考える

今日はこちら。 アラーラの断片で登場した強力なフレンチバニラ。 緑白6マナ5/5続唱のワーム。 強力なクリーチャー擁する緑白だけあって、素のサイズが既に強力。 続唱によって唱えられる追加のカード次第で、さらなるアドバンテージを獲得できます。 特に瀝…

人道に対する膿について考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場した4枚制限ルールを無視できる緑のカード。 緑3マナのソーサリーで、 トランプルを持つ0/0のウーズ・クリーチャー・トークン1体を生成し、その後その上に+1/+1カウンターを、自分の墓地のウーズや人道に対する膿…

ミッドウィーク・マジック: 『カルロフ邸殺人事件』構築に行ってきました! 2024/2/14

今日は限定構築! スタンダード・セットなのでタルキール覇王譚の時よりはカード作成してもいいかな…。 デッキ 20 人道に対する膿 (MKM) 177 4 瓦礫帯の異端者 (MKM) 174 4 事件現場の分析者 (MKM) 148 4 痛烈な質問 (MKM) 164 4 浮き荷 // 捨て荷 (MKM) 247…

探偵社社長、エズリムについて考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場したラヴニカ魔法探偵社社長。 白青5マナ5/5飛行の伝説の執政官、探偵で、 戦場に出たとき、2回調査を行う誘発型能力と、 (1)とアーティファクト1つを生け贄に捧げることで、ターン終了時まで、警戒、絆魂、呪禁の…

ひよっこ捜査員について考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場した小型クリーチャー。 白1マナ1/2の人間・探偵で、 戦場に出たとき、調査を行う誘発型能力を持ちます。 スレイベンの捜査官の同型再販。 後々調査によって得た手掛かり・トークンを生け贄にすればアドバンテージ…

ドラコの末裔について考える

今日はこちら。 モダンホライゾン2で登場したドラコのリメイクカード。 12マナ4/4飛行のアーティファクト・ドラゴンで、 自分の基本土地タイプ1種につき唱える為のコストが(2)少なくなる常在型能力と、 自分の白/青/黒/赤/緑のクリーチャーに警戒/呪禁/絆魂/…

門道急行の事件について考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場した単体除去+全体強化。 白2マナの事件で、 戦場に出たとき、自分のコントロールしていないクリーチャー1体を対象とし、自分のコントロールしている各クリーチャーはそれに1点のダメージを与える誘発型能力、 自…

蜘蛛網の頭、アイゾーニについて考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場した新アイゾーニ。 黒緑6マナ5/4威迫の伝説のエルフ・探偵で、 戦場に出るか攻撃するたび、証拠収集4を行え、そうしたなら黒緑2/1威迫、到達の蜘蛛・トークン2体を生成する誘発型能力、 トークンを4つ生け贄に捧…

オレリアの立証者について考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場した追放系クリーチャー。 白4マナ4/2の飛行、絆魂、護法(2)、変装(X)(3)(白)の天使で、 表向きになったとき、戦場にありこれでないクリーチャーや墓地にあるクリーチャー・カード最大X枚を対象とし、それらを追放…

変装について考える

今日は変装について。 変装はカルロフ邸殺人事件にて登場する新メカニズム。 変装を持つカードは、(3)で護法(2)を持つ2/2のクリーチャーとして裏向きで唱えることができ、その変装コストで、いつでも表向きにできます。 良質な推理小説には正体不明の人物が…

ミッドウィーク・マジック:『カルロフ邸殺人事件』へジャンプインに行ってきました!2024/2/7

今日はジャンプイン! 1戦目: 赤緑 × 2戦目: 白青黒 ○ 3戦目: 緑単 ○ 4戦目: 赤白黒 ○ 多色を選んだらまさかの3色に。 とはいえ変装のおかげでほとんど事故無く回せました。 人道に対する膿だけは本当に強いので見たら取ってもいいかも。 ではでは!

謎めいた外套について考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場する変則クリーチャー。 青3マナの装備品で、 戦場に出たとき、ライブラリートップのカード1枚を偽装し、それに装備させる誘発型能力、 装備クリーチャーに+1/+0修正と、ブロックされない能力を与える常在型能力、…

思考への侵入について考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場するドロー+トークン生成呪文。 青5マナのインスタントで、 ライブラリーの一番上のカード5枚を公開し、2つの束に分け、対戦相手1人に選ばれた方の束を手札に加え、残りを墓地に置き、無色0/0飛行の飛行機械・トー…

真紅の鼓動の事件について考える

今日はこちら。 カルロフ邸殺人事件にて登場する新アドバンテージソース。 赤3マナの事件で、 戦場に出たとき、1枚捨て、2枚引く誘発型能力、 自分の終了ステップの開始時に、自分の手札にカードがないと、解明する誘発型能力、 自分のアップキープの開始時…

プライバシーポリシー