ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

2022/1/26禁止改定について考える

今日は禁止改定について。 今回のアールンドの天啓の禁止に関しては皆さんもほぼ予想通りなのではないでしょうか。 もし仮にこれを禁止しないとすれば感電の反復という事になるのですが、1発だけでいいのであれば一応実例指導が存在します。 アドバンテージ…

2022/1/26禁止改定

スタンダード 禁止 個人的不快度トップだったゼロ除算禁止は驚き。 ただ本当に裏目が無かったので妥当と言えば妥当。 不詳の安息地は痛いですが、レルムのミシュランがあるので、まあ何とかなるでしょう。 というか今イベントで配ってなかったでしたっけ? …

死の国からの脱出について考える

明日には禁止が出るはずなので、マローのヒントは一旦保留。 いつも前後編に分かれるので結構大変な事になりがちです。 最も既に取り上げたカードである可能性も高いので、明日からやるかも。 ひとまず今日は引き続きパイオニアの禁止カードをやっていきます…

真実を覆すものについて考える

今日はこちら。 ゲートウォッチの誓いで登場した欠色エルドラージ。 4/6/6飛行という強烈なスタッツを持ちますが、戦場に出た時、自分のライブラリーをすべて裏向きで追放し、自分の墓地のすべてのカードを切り直してライブラリーにする強烈なデメリットを持…

神河の魂、香醍について考える

今日はこちら。 香醍は神河の神で、今田剛史が隠り世から奪い取った 奪われし御物が自我を得た姿です。 その正体は大口縄の娘であり、娘を奪われた大口縄が怒った事で神の乱が発生します 最終的には香醍が今田魅知子と共に大口縄を倒して神の乱を終わらせ、…

眷者の装飾品について考える

今日はこちら。 統率者2020で登場したマナリスの亜種でその上位互換。 4マナ払う事で同名カードをコントロールする各プレイヤーに1枚引かせる事ができます。 眷者はイコリアの用語で、エルーダと呼ばれる魔法的な繋がりを怪物と持った少数の人間の事です。 …

予言のプリズムについて考える

今日はこちら。エルドラージ覚醒で登場したキャントリップ付きマナフィルター・アーティファクト。このバージョンのイラストの右下にはこのイラストを手掛けたアーティストJohn Avon氏のサインが虹色に描かれているそうなのですが、拡大しても確認できません…

暗黒の深部について考える

今日はこちら。 コールドスナップで登場した伝説の氷雪土地。 10個の氷カウンターと共に戦場に出て、3マナで氷カウンター1個を取り除く能力、及び氷カウンターが無くなった際にそれを生け贄に捧げ、20/20の飛行、破壊不能を持つマリッド・レイジ・トークンを…

ミッドウィーク・マジック:モミールに行ってきました!2022/1/19

今日はモミール! かなり運ゲーよりなのでさっくり終わらしてきましょう。 1戦目:秘滝の軍使+武勇の選定師で勝ち。 2戦目:ラノワールの部族に負け。 3戦目:暴れまわるブロントドンに負け。 4戦目:グルールの呪文砕きに負け 5戦目:イフニルの魔神で勝ち 6戦目…

セカナビMTG×LINE Payオープンテスト大会に行ってきました!

今日はSekappy主催のミニ大会! 参加費無料+最大5戦のBO1なのでさっくり終わると思います。 まだ間に合うと思うのでぜひ奮ってご参加ください! とりあえずイゼット天啓を握って参戦。 正直このデッキすごい苦手なのですが、講義が使える+環境トップメタなの…

エイトグについて考える

今日はこちら。 アンティキティーで登場した2/1/2のエイトグ。 MTGオリジナルのクリーチャー・タイプであり、エイトグ自体これが初出。 飽くなき食欲を持つ種族で、種族特徴として何らかのカードを食べ、一時的な強化を得る事が多いです。 元ネタはヤギの英…

さまようものについて考える

今日はこちら。 神河物語で収録された青の1マナ1/1のスピリット。 テキスト欄には 子供のときに一度見ましただよ。迷ったときには親御のとこまで連れてってくれただ。なんで今は助けちゃくれねえだ?なんで家まで連れ帰っちゃくれねえだ? ーー名も無き物乞…

航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴについて考える

今日はこちら。 カーリ・ゼヴはカラデシュに住む空賊の女性です。 領事府の両親の元に産まれた彼女は工匠になる事を期待されていました。 しかし見習い期間中に除名処分を受け、行方をくらまします。 次に帰ってきた時にはわずか15歳で悪名高き空賊の船長に…

鐘突きのズルゴについて考える

今日はこちら。 歴史改変前のタルキールではコラガンのカン(指導者)だったズルゴですが、改変後にはコラガンの従者まで地位を大きく下げました。 戦いの際に鐘を鳴らすことで、全体の士気を高めます。 1マナ2/2の伝説のオーク・戦士。 パワー2以上のクリーチ…

失墜について考える

今日はこちら。 統率者レジェンズで登場した閉所恐怖症の亜種。 戦場に出た時エンチャントしているクリーチャーをタップすると共に統治者となり、そのクリーチャーのコントローラーが統治者でない限り、そのクリーチャーのアンタップを阻害します。 統治者と…

敬愛される司祭について考える

今日は愛と勇気と希望の日。 1959年南極観測船宗谷から飛び立ったヘリコプターが昭和基地に付いた時、南極観測隊に同行し置き去りにされたタロとジロの2頭の生存が確認された事から、生きる希望と愛する事を忘れない様に制定されました。 まあ置いてきぼりを…

指名手配の殺し屋、ラヒルダについて考える

今日はこちら。 ラヒルダは吠え群れ、ヴィルディン群れの頭目で、編み込んだ長髪が特徴の女性です。 ヴィルディン群れは狼男になる前に殺人を犯した者で構成され、彼女自身も脱獄した殺人犯です。 日暮面は2/2/2の先制攻撃を持つ人間・ 狼男。 プレイヤーに…

ミッドウィーク・マジック:アルケミーに行ってきました!20222/1/12

今日はアルケミー!…アルケミー!?こんなz…いえ、何でもないです。 アルケミーはアリーナ限定の新規フォーマットとして実装され、今月の予選もアルケミーとなっていますが、競技人口も少なく、なかなかデータがありません。 しかしBO1であれば十種競技の一つ…

総動員地区について考える

今日はこちら。 灯争大戦で登場したミシュラランド。 4マナで3/3警戒の市民になれるうえ、自分のコントロールしている伝説のクリーチャーとPW1体につき起動コストが(1)安くなります。 伝説のクリーチャーやPWはあらゆるセットにおり、そのカードパワーも高い…

トヴォラーの猟匠について考える

今日はこちら。 イニストラード:真夜中の狩りで登場した6/6/6の人間・狼男。 環境を代表するボムレアの1枚です。 日暮面でも戦場に出た時に6/6に加え、緑の2/2の狼・クリーチャー・トークン2体を生成するので、実質10/10とすでにオーバーパワー。 単体除去に…

運命の大立者について考える

今日は成人の日。 新成人の皆様おめでとうございます。 これで皆様も一人前、というにはまだまだ実績も実感も無いと思いますが、とはいえ人生もまだまだ序盤も序盤。 ここからの成り上がりを期待しています。 (最も僕も数年前に成人してますが、まだまだ実感…

こじ開けについて考える

MTGには過去様々なカードがあります。 中でもBlack Lotusやヨーグモスの意思は非常に強力で、MTG史上最強カードと言えばこのどちらかがあがるのではないでしょうか。 しかし同様に長い歴史の中でまったく使われてこなかった言わば最弱カードも存在します。 …

MTGアリーナ十種競技決勝に行ってきました!

遂にやってきました十種競技決勝! ここで勝って無事商品を受け取りたいところですね! 1戦目は白タッチ緑。 画像取るの忘れたのでデッキ作成から。 意外と覚えているもんだなぁ。 1戦目:白黒 1-2 メイン食肉鉤虐殺事件で負け。 サイド先手征服者の誇りで勝…

再録禁止カードについて考える

1月8日は勝負の日。 一か八かからの発想ですね。 まあ安定した生活を送っていればそんなものに挑む必要はありません。 君子危うきに近寄らず。 避けられるものは避けたほうが無難ですね。 さて今日は再録禁止について。 再録禁止とはWotCが定めている再販を…

ボール・ライトニングについて考える

今日はこちら。 ザ・ダークで登場した元祖歩く火力。 3マナ赤のトリシンという重い色拘束と、各ターン終了時に生け贄に捧げるという重いデメリットを持つ代わりに、6/1速攻、トランプルというメチャクチャな性能を持っています。 一番の魅力は3マナ6点という…

灰の盲信者について考える

今日はこちら。 ラヴニカへの回帰で登場した2/2/2先制攻撃、速攻の人間・戦士。 プレイヤー1人が墓地から呪文を1つ唱える度に、そのプレイヤーに3点のダメージを与えます。 ダブルシンボルという色拘束の重さはネックですが、2マナ2/2速攻、先制攻撃というス…

ミッドウィーク・マジック:ヒストリック・ブロールに行ってきました!2022/1/5

今日はヒスブロ! ってことでいつもの!…を使おうとしたんですけどウギンと原野死んでました。 オムナスも弱体化。 まあとりあえずはどれくらい弱体化したのか試してみましょう。 1戦目:朱池洞の族長、トーブラン × 結論から言うと、思ったよりダメ。 単純に…

撃退について考える

今日はこちら。 歴代最弱セットとの呼び声高いプロフェシーで登場したピッチスペル。 4マナの打ち消し呪文で、島+1枚カードを捨てる事でマナ・コストを支払う事なく唱えられます。 サイクルの他のカードが対応する土地1枚で唱えられるのに対し、追加で1枚要…

スカルガンの穴潜みについて考える

今日はこちら。 ギルドパクトで登場した人間・戦士。 種族サポートはどちらも豊富ですが、彼自身にはない為、そういったデッキに入ることは無さそうです。 1/1/1と貧弱なスタッツですが、狂喜1を持っています。 狂喜とはラヴニカ・ブロックでグルールに割り…

師範の占い独楽について考える

今日はこちら。 神河物語で登場したアーティファクト。 2つの便利な起動型能力を持っています。 1つ目が山札の一番上から3枚見て、それらを好きな順番に入れ替える能力。 手軽に次引くカードを好きに入れ替える事ができますが、2、3回も繰り返せばデッキトッ…

プライバシーポリシー