ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

虚構漂いについて考える

f:id:rodasha:20240521113007j:image

今日はこちら。

 

モダンホライゾン3にて登場する巨大クリーチャー。

無色7マナ4/4飛行、滅殺1、想起(2)(青)のエルドラージ・エレメンタルで、

唱えたとき、2枚引く誘発型能力を持っています。

 

想定される元ネタは熟考漂い

f:id:rodasha:20240521114103j:image

マナ総量が2増えた代わりにスタッツも2回り大きくなり、滅殺がつき、ドローの誘発タイミングが着地から唱えた際になりました。

名前も韻を踏んでおり、意味も対になっています。

名訳。

 

4/4飛行というリミテッドであれば単体でフィニッシャーになれるスタッツを持ちながら、加えて唱えた時の2枚ドロー、滅殺1と非常に強力なクリーチャー。

その分コストも7マナと重いですが、無色であるため、ちょうどトロンから出すことができます。

 

また3マナで想起できる能力も持っており、こちらも唱えた際に2枚ドローできるためかなり強力。

着地誘発でないためブリンクしても再度ドローすることはできませんが、打ち消しなどで止めづらく、そもそも上記の通りスタッツが強力なため見返りも大きいかと。

 

中盤はドロー、終盤は加えてフィニッシャーと取り回しがよく強力なカード。

能力もシンプルで癖も少なく使い勝手がよさそうに見えます。

 

問題はそれが今のモダンで通用するか。

ブリンクデッキの場合アドバンテージ自体は本家熟考漂いに負けており、トロンであれば想起は難しいため歴代の7マナ域と戦うことになります。

そうなると見た目ほどの柔軟性はなく、構築で活躍するのは難しいかもしれません。

 

一方統率者では想起コストにより固有色が青となっており、既存の無色デッキに入れることはできないためこちらも厳しそう。

青のドローは選択肢が多く、マナが伸びればフィニッシャーになりうるのはよいもののやはり見劣りしがちなイメージを受けます。

リスティックの研究とどっちが引けるって話ですね。

f:id:rodasha:20240521114732j:image

 

すごく楽しそうなカードなのですが活躍の場はリミテッドになりそう。

リミテッドの場合3マナのドロー呪文として入れておき、終盤に引いたらフィニッシャーとして使えるのでかなり強い1枚となりそうです。

各種エルドラージサポートにも期待。

 

コジレックの封印破りと併用すると想起でも5枚引けます。

f:id:rodasha:20240521115129j:image

問題はそこから何するのという話ですが、構築で活躍するとすればこのコンボが一番可能性あります。

 

モダンホライゾン3もしかして過去の名カードがエルドラージになって返ってくるセット…?

エルドラージの冬の再来となるのでしょうか。

ではでは!

プライバシーポリシー