ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

慈愛の王、タリオンについて考える

f:id:rodasha:20230901113743j:image

今日はこちら。

 

エルドレインの森にて登場するフェアリーの王。

青黒4マナ3/4飛行の伝説のフェアリー・貴族で、

戦場に出るに際し1〜10までの数1つを選び、

対戦相手がマナ総量かパワーかタフネスがその選ばれた数に等しい呪文1つを唱えるたび、そのプレイヤーは2点のライフを失い、あなたは1枚引きます。

 

レガシーのような下環境であれば1と宣言するだけで相手をかなり苦しめられそうですが、そんな環境ではこの4マナもするクリーチャーが活躍できるとは思えません。

まあ暗黒の儀式経由で2ターン目に出せれば可能性はありますが、それよりもスタンダードや統率者戦の方が可能性は高いでしょう。

f:id:rodasha:20230901114404j:image

 

4マナ3/4飛行というスタッツはかなり平凡。

マナ総量だけでなくP/Tも参照してくれるので、誘発機会はかなり多いかもしれません。

 

仮に現在トップメタの青黒相手に2と宣言した場合、対象となるのはフェアリーの黒幕しつこい負け犬復活したアーテイ喉首狙いかき消し

f:id:rodasha:20230901115107j:imagef:id:rodasha:20230901115113j:imagef:id:rodasha:20230901115118j:imagef:id:rodasha:20230901115126j:imagef:id:rodasha:20230901115134j:image

サイドからは軽蔑的な一撃眼識の収集否認窃取も入ってくる可能性が高いです。

f:id:rodasha:20230901115614j:imagef:id:rodasha:20230901115621j:imagef:id:rodasha:20230901115626j:imagef:id:rodasha:20230901115737j:image

クロックパーミッションの場合基本の動きが2マナになる事が多いのですが、ここまで多いのはなかなか珍しい気がしますね。

統率者では1。

神秘の教示者白鳥の歌精神的つまづき赤霊破とか相手がやってくれてる間にガンガン誘発してドローとライフルーズによりかなり有利になりそう。

f:id:rodasha:20230901120110j:imagef:id:rodasha:20230901120123j:imagef:id:rodasha:20230901120116j:imagef:id:rodasha:20230901120133j:image


ただ結局のところ問題は着地するかとか、間に合うかとかになりそうです。

定着してしまえば強そうですが、除去耐性もほぼないですし、4マナと重いので出したらそれだけでターンが終わってしまいます。

 

スタンダードの話をすれば、アグロやランプに弱そう。

アグロは着地タイミングではほぼ手札がなくなっており、アドバンテージもライフルーズもほとんど関係ない状態になっていそうで、

ランプは宣言したマナ域と違うカードを容易に唱えられそうというのが問題。

偉大なる統一者、アトラクサ群れの渡りの7を宣言して力線の束縛太陽降下されれば最早バニラとなってしまいます。

f:id:rodasha:20230901121102j:imagef:id:rodasha:20230901121110j:imagef:id:rodasha:20230901121117j:imagef:id:rodasha:20230901121122j:image

 

なおリミテッドでは初手級。

単純に3/4飛行が強いですし、1回でも誘発すればアドバンテージを得られるので、かなり取り得な印象があります。

神話だしね。

 

今回結構コイツは使われるコイツは使われないと断言できるものが多かったのですが、コイツは全然わかりません。

多分下がるとは思いますが、はたして。

ではでは!

プライバシーポリシー