ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

思案について考える

f:id:rodasha:20221025113621j:image

今日はこちら。

 

ローウィンで登場したライブラリー操作の付いたキャントリップ呪文。

山札の上から3枚を好きな順番で入れ替えるか、デッキをシャッフルした後で1ドローする事ができます。

 

ソーサリーなので自分のターンにしか撃つ事ができませんが、同じく1マナのキャントリップ呪文である手練血清の幻視共々多くのデッキで使われた実績があります。

f:id:rodasha:20221025113053j:imagef:id:rodasha:20221025113059j:image

使い勝手の良さからコントロールやコンボを含め様々なデッキで活躍。

基本セット2012で再録された際には秘密を掘り下げる者終末等を積み込み大活躍しました。

f:id:rodasha:20221025113317j:imagef:id:rodasha:20221025113322j:image
なんで同時期にあるんだよ。

 

モダンではコンボデッキの弱体化の為に同じく強力な1マナキャントリップ定業と共に禁止入り。

f:id:rodasha:20221025113741j:image

ヴィンテージでも他の強力なドロー呪文同様制限入りしてるので、一番の活躍場所はレガシーとなります。

 

レガシーでは4枚使う事ができ、コントロールやコンボデッキによく使われています。

渦まく知識意志の力に次ぐ採用率と言われており、レガシーのコントロールデッキにおいて序盤の基本となる動きとされています。

f:id:rodasha:20221025114203j:imagef:id:rodasha:20221025114208j:image

よほどひどい状況でない限り思案でシャッフルを選ぶ事は無さそうです。

そもそもレガシーならフェッチランドとかのシャッフル手段はありますし、混ぜるとしても先手土地1キープ上3枚呪文とかの場合でしょうか。

f:id:rodasha:20221025114607j:image

 

今回エターナル・ウィークエンドのレガシーチャンピオンシップのTOP8報酬として新アートの旧枠思案が配布されます。

f:id:rodasha:20221025114829j:image

実際レガシーを代表する1枚ですし、4枚揃えるのはなかなか大変そうですが、ぜひとも手に入れたいところですね。

ではでは!

プライバシーポリシー