ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

護国卿、ウルザについて考える

f:id:rodasha:20221008070116j:image

今日はこちら。

 

兄弟戦争で登場する青白3マナの伝説のウルザ。

インスタント、ソーサリー、アーティファクトを1マナ軽くする能力と、7マナ払ってマイトストーンとウィークストーンと合体し、プレインズウォーカー、ウルザとなる能力を持ちます。

f:id:rodasha:20221008070109j:imagef:id:rodasha:20221008070127j:image
ほぼ間違いなく今回の目玉の1枚ですが、果たしてその性能は?

 

まず3マナ2/4というスタッツはシステム・クリーチャーとして優秀。

スタン汎用除去となった切り崩し稲妻の一撃へ耐性がある為、生存しやすいです。

f:id:rodasha:20221001100442j:imagef:id:rodasha:20221001105359j:image

またしつこい負け犬税血の収穫者の2/3/2の攻撃も牽制でき、戦闘面での活躍も期待できます。

f:id:rodasha:20221001100804j:imagef:id:rodasha:20221001101718j:image

 

永続型能力のマナ軽減能力は範囲が広くかなり強力。

4マナで打ち消しを構えながら展開したり、3ターン目に出しておけば4ターン目にマイトストーンとウィークストーンを出したりできます。

f:id:rodasha:20221001105409j:imagef:id:rodasha:20221001105415j:image

起動型能力は合体。

決めてターンが帰ってくればまず勝てると思いますし、万能追放除去2発もあるので結構ターン返ってきそうです。

ただ決める為には7マナも必要で、内2マナはマイトストーンとウィークストーンが生成してくれますが、5マナとしても隙が大きくなってしまいます。

 

また解決時に両方が戦場に揃っていないと合体に失敗します。

冥府の掌握削剥等生物破壊も置物破壊も当たるのでやはりできるだけ打ち消しを構えておきたいところ。
f:id:rodasha:20221001111249j:imagef:id:rodasha:20221001111615j:image

幸いにも永続型能力によりマナコストは軽減されているので、構えやすいといえばやすいですが、実際に仕掛けるのは少し後になりそうです。

 

スタンダードでは一応両方をデッキに採用した青白コンは出てきそう。

ただあくまで合体ができるというだけでそこまで積極的に狙わず、できたらいいな程度だと思います。

そうなるとより戦略が一貫している青単の方が強いような…。

f:id:rodasha:20221001112055j:image

環境に一応いるけどほとんど見かけなさそう。

 

次に期待できそうなのが統率者!

アーティファクト軽減を主軸においた展開力の高いデッキが組めそうです。

さりげなくマイトストーンとウィークストーンも入れておいて、奥義で相手の場を飛ばしたい。

変身後に戦場を離れると護国卿、ウルザは統率領域に戻るかもしれませんが、マイトストーンとウィークストーン側は回収が難しいので合体はほぼ一度きりになりそうです。

 

改めて読んだらめちゃくちゃ書いてあった護国卿、ウルザ

伝説通りの活躍を見せてくれるのでしょうか。

ではでは!

プライバシーポリシー