ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

帳簿裂きについて考える

帳簿裂き

今日はこちら。

 

ニューカペナの街角で登場したプレイヤー1人が各ターン自分の2つ目の呪文を唱える度に謀議する2マナ1/3飛行の鳥・アドバイザー。

相手ターンでも、また対戦相手が2つ唱えても誘発するので誘発回数はかなり多くなりそう。

 

素の状態で優秀なスタッツながらそこからどんどん大きくなっていきます。

除去の少ないリミテッドであれば2マナながらそのままエンドカードとなりえます。

 

構築の場合除去は増えるものの代わりにこちらも守る手段が増加。

謀議で打ち消しを探すこともできる為かなり強力なクロックとなりそう。

また同環境にはフラッシュバックや降霊もある為、それらと謀議の相性もかなり良好。

 

1度サイズアップしてしまえばタフネスが4を超える為稲妻圏外に移動する事が可能。

下環境ほど軽い呪文、墓地利用が多くなるので活躍が十分見込めます。

 

青いタルモゴイフとして注目されている1枚。

飛行持ちであることに加えそのサイズがどんどん大きくなっていく事も考えればかなり強力な1枚と言えそうです。

 

帳簿とは事業の取引や資産や負債、お金の流れ等を記録した帳面や台帳の事。

それを裂くという事は多分これは裏帳簿です。

謀議を行っていますが、これは多分脱税とかのことを指しているのでしょう。

謀議っぽい。ではでは!

プライバシーポリシー