ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

灰の盲信者について考える

f:id:rodasha:20220106103612j:image

今日はこちら。

 

ラヴニカへの回帰で登場した2/2/2先制攻撃、速攻の人間・戦士。

プレイヤー1人が墓地から呪文を1つ唱える度に、そのプレイヤーに3点のダメージを与えます。

 

ダブルシンボルという色拘束の重さはネックですが、2マナ2/2速攻、先制攻撃というスタッツはかなり強力。

墓地を利用しない相手であっても一定の強さがあります。

行動を制限する能力といい速攻を除けば完全に白のクリーチャーだと思います。

 

墓地から軽い呪文を連打する様な対戦相手にはかなり強力。

当時のスタンダードではイニストラード・ブロックと同居していた為に、フラッシュバックを始め大量に存在しました。

特に墓所這い瞬唱の魔道士に対しては先制攻撃により戦闘面でも有利が取れます。

f:id:rodasha:20220106105224j:imagef:id:rodasha:20220106105227j:image

 

一方で完全な対策とは言いづらく、墓地から呪文を唱えない場合には無力です。

また掘葬の儀式の様な一撃でゲームを決められるようなカードであれば、3点程度では戦況はひっくり返りません。

f:id:rodasha:20220106105418j:image

くっそう。

 

リミテッドでは墓地から呪文を唱えるカードは1枚も存在せず、ブロック全体で見ても氾濫の始原体1枚のみ。

f:id:rodasha:20220106105833j:image

フレンチ・バニラという事になります。

が、それでもかなり強力なのでデッキに入らないという事はないでしょう。

 

色拘束が唯一の弱点でしたが、テーロスでは逆にその信心の高さを買われ、赤単信心の主力カードとして活躍。

f:id:rodasha:20220106110208j:image

その他にも単純にスタッツの高さを買われ、スライやバーン等で活躍しました。

 

現在の主戦場は一応パイオニアという事になるのでしょうか。

マナ・コストも2マナ以下なので夢の巣のルールスと組み合わせて使えます。

f:id:rodasha:20220106111135j:image

ただその場合ルールスを使う度に3点食らうので流石に無視できないダメージ量になります。

 

朱池洞の族長、トーブランを活用したスライプランの方があってそうです。

f:id:rodasha:20220106111434j:image

流石に5点ともなれば無視できなさそう。

他のカードも組み合わせればソフトロックになりそうです。

 

なお墓地活用の多いイメージのあるトップメタイゼットフェニックスですが、意外と刺さりません。

f:id:rodasha:20220106111929j:imagef:id:rodasha:20220106111934j:image

メタるのであれば他の墓地対策が必要で、そうなると灰の盲信者はいらなそう。

 

使えそうで使えないカードの様です。

いずれ活躍してくれそうですが…。ではでは!

プライバシーポリシー