ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

エメリアのアルコンについて考える

エメリアのアルコン

今日はこちら。

 

3マナ2/3の執政官。執政官なのでパーティに入れてもらえない。

ついでに人間でもない。なんだこの人。

 

3マナ2/3飛行というスタッツはそこそこ優秀です。

リミテッドではそれだけでゲームが終わることもあるでしょう。

 

1つ目の常在型能力は法の定め

1ターンに1度しか呪文を唱えられなくなるので、呪文のコピーとかに効果的な対策となります。

現スタンには幸運のクローバーが存在し、それを咎められるので有用、かも。

また新弾にもやたら呪文をコピーするものが多いのでその辺の対策にもなります。

(修正)コピーは唱えられていないため、咎めることができません。

法の定めについて調べた際にストームの対策になったという記述を曲解しました。

ただし、ティムールアドベンチャーのように軽い呪文を連打するデッキに対しては効果的な対策になる可能性があります。

 

2つ目の常在型能力は、異端聖騎士、サリアの土地限定効果です。

スタン内でも神殿やトライオームには効かないものの、寓話の小道や両面二色土地、城など数々の特殊地形が存在していて、相手から1マナ奪うことができます。

f:id:rodasha:20200903101815p:plainf:id:rodasha:20200903101545p:plainf:id:rodasha:20200903103906p:plain

変わったところだとエルドレインの王権のコモン土地サイクルは必ずタップインしてしまう為、能力が起動できなくなります。

完全に弱い者いじめ。

 

下環境ではフェッチから出てくるショックランドを2ターンにわたって遅らせることができ、展開を大幅に遅らせることができます。

ただその場合、基本的には上のサリヤの方が強いわけで…。

呪文を連発するデッキ対策には優先されるかもしれないですね。

 

基本的には嬉しい能力を持つクリーチャーなのだが、いかんせんパワー不足感が否めない気がします。

多色アグロが流行ればあるいは…。ではでは!

プライバシーポリシー