ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

荒野の再生について考える

今日はこちら。

 

ラヴニカの献身で登場したエンチャント。

エンドフェイズごとに自分の土地を全てアンタップする。

ほとばしる魔力の流れを組むエンチャント。

間には何枚ものカードが設計された。マナ・バーンも消えたし。

4マナのエンチャントながら、置いたターンの終了時には土地がアンタップする為、実質0マナ以下で唱えられる。

発想としてはメインにクリーチャーなどを展開し、エンドに土地を起こして除去を構えるというカード。

あるいはシミック連合の順応のためかもしれない。

f:id:rodasha:20200730165241p:plain

シミックといえば順応!

決して成長のらせんハイドロイド混成体の色ではないぞ!

が、実際には打ち消しでなければインスタントをソーサリータイミングで唱えてもそれほど問題はなく、むしろソーサリータイミングのカードを重ね引きする可能性を考えると、荒野の再生を除けばすべてインスタント・タイミングで固める方が正しい。

またフェイズ移行しなければマナは残り続けるので、能力誘発にスタックしてマナを出すことで土地の総数以上のマナを使うことが可能。

更に複数枚貼ることでエンドフェイズ中にしか使えないが、マナが3倍、4倍に増やせる。

また土地の特殊能力を複数回起動できるのも特筆すべきところか。

 

登場直後運命のきずなデッキを大幅に強化。

成長のらせんからなら4ターン目に撃つことも可能になった。

水没遺跡、アズカンタが存在したのも大きい。

 

ローテ後もティムール再生で大活躍。

発破はドローとフィニッシャーを兼ね備えた最強の相方。

時を解す者、テフェリーの登場により一時期勢力を落とすも、イコリアでサメ台風を手に入れ、返しで倒せるようになった。

rodasha.hatenablog.com

rodasha.hatenablog.com

 

エルドレインの王権で登場した創案の火との比較は面白く、創案の火がソーサリータイミングで色拘束の重いカードを使用するのに対し、荒野の再生はインスタントタイミングで動けるカードを使用する。

f:id:rodasha:20200708102345p:plain

また相手ターンでも動けるとか

2枚以上唱えられるとか

土地の数以上に重い呪文も打てるとかいろいろ違いがある。

あと、禁止されたかされてないかとかいう違いもある。

rodasha.hatenablog.com

rodasha.hatenablog.com

 

禁止以降はもはや仮想敵が存在せず、無類の強さを発揮している。

ミラー対策にテフェリーを入れた4色型も見られるようになってきており、いかにしてティムール再生でティムール再生を倒すかというゲームがスタンダードで繰り広げられている。

ちなみに禁止を免れた理由は多分ローテ落ちが近いから。

裏切りの工作員と同タイミングではあるもののそこまで危険視されなかったのだろう。

rodasha.hatenablog.com

 

個人的にはフルコントロールを忘れて使いこなせないので嫌い。ではでは!

rodasha.hatenablog.com

プライバシーポリシー