ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

エルズペス、死に打ち勝つについて考える

f:id:rodasha:20200212091012p:plain

今日のカードはこちら。

英雄譚の一つでエルズペスの復活劇をカード化したもの。


死の国で彼女はアショクによる悪夢から影槍を取り出し、

f:id:rodasha:20200212091711p:plain

ヘリオッドの槍だと言い張る。

これを皆が信じたことでヘリオッドの槍が砕け、

エレボスは彼女の脱出を許す。


カードの説明について。

まず1章の能力は万能追放除去。

対戦相手の3マナ以上という制約こそあるものの

ほとんど対象に困らないと言ってよい。

払拭の光と違い英雄譚は場に一時的にしか残らない為、

永続追放となっている。

エンチャントやプレインズウォーカー、

また破壊不能の神もいけるので非常に強力。


2章の能力は対戦相手の非クリーチャーのマナコスト増加。

1ターンの猶予、

非クリーチャー限定、

これのマナコストを踏まえればそれほど脅威にならない。

というか存在を忘れやすいので注意が必要。


3章はクリーチャーかプレインズウォーカーを強化しながら復活。

2章の内にレジェンドルールで落としてもいいし、

単に打ち消されてもいいやと大型を出したりしたい。

特にミラーの夢さらいの場合、

相手の夢さらいに一方取れるようになり非常に強力。

もちろんナーセットやテフェリーも強力。

普通に不発で終わりやすいので注意。


1章と3章でが極めて強力で、

青白コンの夢さらいに次ぐフィニッシャーとして数を増している。

多分最終的に4枚になる。


ただ実際の物語との絡みが薄く、

その点では非常に残念。

もう少し物語に忠実にできた気がする。


エルズペス、死に打ち勝つ (3)(W)(W)

エンチャント-英雄譚

Ⅰ-あなたのライブラリーから、オーラ・カードか装備品・カードを1枚探し、それを公開し、あなたの手札に加え、その後ライブラリーを切り直す。

Ⅱ-アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを追放する。

Ⅲ-あなたの墓地からクリーチャーかプレインズウォーカーであるカード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。


1章で影槍を持ってきて、

2章でクルソーを破壊し、

3章で復活。

そこそこのレアに見えるがいかがだろうか。

ではでは!

プライバシーポリシー