ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

戦争の犠牲について考える

f:id:rodasha:20191210094318p:plain

今日の話題はこちら。


灯争大戦で登場したレアのソーサリー。

最大で1:5交換が狙えるものの

実際にはそこまでいろいろ並ぶのは稀。

土地とクリーチャーしか割れないなら

普通にクリーチャー除去のがいいし、

f:id:rodasha:20191210095402p:plain

夏の帳を撃たれると1:5どころか

1:0交換+マナ差6:1と絶望的な性能に。

ってことで40円くらいのカスレア。


が、禁止改定で状況が一変。

スゥルタイフードが消えると

台頭し始めたジェスカイファイアーズは

相手ターンに動けないうえ、

5マナのクリーチャー、創案の火、土地、テフェリーと1:4交換が狙えると、

非常に有効なことが判明。

f:id:rodasha:20191210100443p:plainf:id:rodasha:20191210100511p:plainf:id:rodasha:20191210100631p:plainf:id:rodasha:20191210100659p:plain

成就(願いのフェイの出来事)でサイドボードから色拘束を無視して唱える戦術が細々と活躍した。

f:id:rodasha:20191210100924p:plain

また、元々色が合うゴルガリアドベンチャーは積極的に採用しだし、

ゴルガリサクリファイスも難なく投入。

ゴルガリサクリファイス

魔女のかまど、クリーチャー、パンくずの道標、土地とこちらも1:4交換が

可能で二大巨頭のどちらにも有効と枚数を徐々に増やしていった。

f:id:rodasha:20191210101256p:plainf:id:rodasha:20191210101615p:plainf:id:rodasha:20191210101431p:plainf:id:rodasha:20191210101723p:plain

そう遠くない未来にゴルガリサクリファイス

最有力デッキとなるだろう。


先週のミシックチャンピオンシップでは

ヤソ選手がこれを4枚積んだゴロスファイアーズを披露した。

f:id:rodasha:20191210102816p:plain

創案の火の次のターンゴロスから

土地を出せば6枚となり、

なるほど戦争の犠牲が撃てる。

早速このデッキを組んでランクマに

潜ると初戦で戦争の犠牲の強さを思い知った。


ケンリス、創案、ヴァントレス城、テフェリーに加えてアーティファクトでゴロスを破壊していった。

1:5交換は強い。

早めに確保しておくことをお勧めする。

ではでは!