ロダーシャの考察

主にMTGについて色々と。

創案の火対策を考える

f:id:rodasha:20191202084317p:plain

ジェスカイファイアーズが最有力っぽいのでこれの対策を考える。


ジェスカイファイアーズはその名の通り

創案の火に大きく依存しています。

序盤は創案の火を全力で探し、

設置後に信じられないほどパワフルな動きをして相手を倒します。

さてそんなジェスカイファイアーズの倒し方は。


ポイントは4つ

1つ目はキーカードに強く依存しているデッキである点。

f:id:rodasha:20191202090909p:plainf:id:rodasha:20191202090923p:plain

ケンリスや炎の騎兵は5マナ使って出すのと踏み倒すのでは強さが全然違います。

2つ目は夏の帳や否認などの自衛手段がない。

相手ターンに動けないので妨害がほとんどできません。

例外は

f:id:rodasha:20191202091252p:plain

また自分のを通す為にサイドに神秘の論争が採用されます。

f:id:rodasha:20191202091402p:plain

3つ目は序盤何もできないこと。

タップインが多いのとそもそもそんなに入ってないのでほとんど動けません。

動いたとして創案の火を探すアクションな事が多々。

4つ目は大振りなデッキであること。

当然ですね。

5マナあるのに1マナ2枚出してエンドしてたら弱すぎます。

以上4つの点が対処する時に注目すべき点です。


①手札破壊と打ち消し

f:id:rodasha:20191202085641p:plainf:id:rodasha:20191202085739p:plain

毎度お馴染み強迫否認。

今回はその効果がいつもより強力です。

強迫は3ターン目に打てば手札の創案を叩き落とせますが、

デッキではトップの創案に対処できません。

f:id:rodasha:20191202092122p:plain

先行だと占術3で創案を先4で引くように調整できることもあります。

また、出来事クリーチャーのせいでいつもより当たりません。

一方、否認はテフェリーが出てると腐るのでむしろ両方とも打ち消せるようなくらい打ち消しを入れましょう。

パーミッションは9割以上の有利があります。

相手2アクション相当取りづらいのと

アドバンテージ手段が乏しいので。


②置物破壊

f:id:rodasha:20191202093238p:plainf:id:rodasha:20191202093252p:plain

エンチャント破壊はそこそこあります。

1枚目は結構簡単なんですが

2枚目は占術下にしたり捨てたりでなかなか見つかりません。

f:id:rodasha:20191202093549p:plain

色が合うなら秋の騎士はベストカード。


③アグロ

一見真っ当そうで実は修羅の道です。

3ターン目に飛んでくるクラリオン

設置後のケンリスがプランを難しくします。

f:id:rodasha:20191202094018p:plain

ので、狙うならこれくらいは必要です。

テフェリー下だと設置装備困難になるので注意。


こうして見るとテフェリーがいかに弱点を潰してるかわかりますね。

他の型よりジェスカイが多いのも納得です。

とはいえオーコと比べれば全く倒せないデッキではありません。

置物破壊が効くのが大きいです。


注意したいのは創案の火を4枚抜いたデッキは5マナが膨らんだバリューの高いデッキなので、

対処後に相手を素早く倒すプランが必要です。

(全て打ち消せるなら別)

f:id:rodasha:20191202094754p:plain

これを渡しておこう。

苦痛に耐えられぬ時撃つがいい。

ではでは!