ロダーシャの考察

MTGについて色々と。(非公式)

夏の帳について考える

f:id:rodasha:20191106102321p:plain   

王冠泥棒、オーコがブロールの

多様性を妨げるとして禁止になりました。

これはアリーナのみの適応で紙は

1vs1でも適用されません。

確かに確実に3T目に出るオーコは

強すぎましたね。

f:id:rodasha:20191106102349p:plain

もっと禁止されるべき奴がいなければ英断だったと思います。

f:id:rodasha:20191105224633p:plain

夏の帳は基本セット2020で登場した緑の色対策カードである。

これについて考える。

 

まずは能力を一つずつ見ていく。

一つ目の能力は条件の緩いドローであり、

ハンドアドバンテージを失わない。

唱えていればよく解決されている必要がない。

二つ目の能力は打ち消されないであり、

打ち消し呪文にスタックして撃ったり、

ドローこそできないが絶対に通したい呪文の前に撃つことでほぼ確実に通す事ができる。

これは青や黒による打ち消し以外も防ぐが、

まあスタンダードなら特に違いはないだろう。

三つ目の呪文は自身や自身のパーマネントに呪禁を付与する。

呪禁とは対戦相手の呪文や能力の対象にならないという能力だ。

黒には手札破壊や単体除去、

青にはバウンスやコントロール奪取があり、

それらから守れるのは非常に優秀である。

つまり実質ドローの付いた打ち消しであり、

総じて優秀なサイドカードである。

現在、メインに害悪な掌握やゴルガリの女王、ヴラスカが入り始めたので2枚ほど入れてもよいだろう。

f:id:rodasha:20191105231306p:plainf:id:rodasha:20191105231625p:plain

 

さてそんな夏の帳の弱点はなんだろう。

まずパーマネントにしか呪禁がつかないので

呪文のバウンスには無力である。

f:id:rodasha:20191105231324p:plain

打ち消されないという能力はあるが

霊気の放射は打ち消していない為、

帳を構えたニッサや意地悪な狼をデッキトップに戻す事ができる。

これは害悪な掌握には真似できず、

また害悪な掌握は着地を許す為、

PWの能力の起動を許してしまう。

次に打ち消し呪文ではないので、

相手の脅威を止めづらい。

オーコ→否認→帳とスタックが積まれた場合

例え夏の帳を持っていても、

相手のオーコを止める事ができない。

否認は打ち消されなくなっても、

オーコも打ち消されなくなっている為オーコは着地する。

これはミラーにおける先行の有利を高めている。

最後に呪禁は対象に取られないだけなので各対戦相手とか対象を取らない呪文は防げない。

f:id:rodasha:20191105234201p:plain

当然の事ながら意地悪な狼などの青でも黒でもない除去は防げない。

f:id:rodasha:20191105234255p:plain

しかし現在の緑一強の影には夏の帳の存在が大きいのは言うまでもない。

史上最強クラスの色対策カードと言っていいだろう。

 

ちなみにテフェリーが出てきた場合

スタックしてキャストする事でそのターンのバウンスを封じる事ができる。

f:id:rodasha:20191105235820p:plain

が、+1からの次のターンのドローフェイズ終了時思考消去と

次のターン以降の-3バウンスは防げない。

f:id:rodasha:20191105235927p:plain

やっぱりテフェリー本当強い!ではでは!